1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. エキスパートナース>
  4. 経口レスキュー薬の上手な使い方

2017年05月18日

経口レスキュー薬の上手な使い方

『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。
経口レスキュー薬の上手な使い方について解説します。

がん性疼痛の鎮痛が不十分なときや突出痛があるときに、オピオイドレスキュー薬を使用します。医師の指示のもと実際に対応するのはナースだと思います。「痛い? じゃあ飲んでおきましょう」に、もうひと工夫してみましょう。

 

松田能宣
(国立病院機構近畿中央胸部疾患センター心療内科/支持・緩和療法チーム)

 

〈目次〉

 

患者さんの個別性(効果発現時間、効果持続時間)に合わせて投与する

レスキュー薬として使用する代表的な薬剤には、オキノーム®、オプソ®があります。そして、それぞれめやすとなる効果発現時間、効果持続時間があります(表1)。

表1レスキュー薬の効果発現時間と持続時間

レスキュー薬の効果発現時間と持続時間

 

まずは、患者さんの突出痛の持続時間について評価をしてみましょう。

例えば、持続時間が1時間だとどうでしょうか?これだと痛みの一部を改善できる可能性があります(図1-①)。

一方、痛みの持続時間が10分しかなければ、オキノーム®やオプソ®を内服しても、効果が出るころには痛みはなくなってしまいます(図1-②)。

なお、投与後は実際にレスキュー薬を使用したときの効果発現時間と痛みの改善の程度を患者さんに確認してみましょう。薬剤の効果には個人差があるため、効果の確認は非常に重要です。

図1突出痛の持続時間とレスキュー薬の効果

突出痛の持続時間とレスキュー薬の効果

 

予測される痛みにはレスキュー薬を予防的に使用

放射線治療時」「リハビリ時」「食事時」といった体動時痛があらかじめ予想される場合には、使用するレスキュー薬の効果発現時間に基づいて事前に内服をしておきます。

ここでも効果発現時間には個人差が予想されるため、投与後の効果を患者さんに教えてもらいましょう。

 

突出痛が強いときはレスキュー薬を増量する

レスキュー薬は一般的には、定期投与されているオピオイドの1日投与量の10~20%の量に設定します。

ただし、安静時は痛みがなく、突出痛や体動時痛が非常に強く、標準的なレスキュー薬の量で効果が不十分な場合には、レスキュー薬を増量することで、症状コントロールがうまくいくことがあります(図2)。

図2レスキュー薬の増量

レスキュー薬の増量

 

より効果発現の早いROO(rapid onset opioid)を使いこなそう

突出痛や予想できない体動時痛に対して、オキノーム®やオプソ®では効果発現時間が遅いために、痛みの改善が得られないことがあります(図1-②)。こういったときにはオキノーム®やオプソ®より効果発現の早いアブストラル®やイーフェン®といったROO(rapid onset opioid、即効性オピオイド)を用います(表1下)。

ただし、投与量の設定方法、増量の方法、投与間隔など、オキノーム®やオプソ®とは異なります。使用方法については本稿では述べませんが、もし使用されるならしっかり確認しておく必要があります。

 

疼痛出現の時間が決まっていたら、レスキュー薬を定期投与する

オピオイド徐放剤を使用している場合、定期投与の切れ目に痛みが出現することがあります(end-of-dose failure、図3)。

図3レスキュー薬の定期投与

レスキュー薬の定期投与

 

徐放剤の定期投与の回数を増やす、徐放剤の投与量を増やす、といった対応もありますが、疼痛出現の時間が決まっているようなら、その時間の前にレスキュー薬を定期投与することで、疼痛出現を防ぐことができます。

 

レスキュー薬で自己効力感アップ

患者さんはがんになったことで、がんの告知、抗がん治療など、医療者主体の医療にさらされます。「まな板の上の鯉こい」とおっしゃる患者さんもおられます。そういったなかでレスキュー薬の自己決定による使用は、患者さん自らが希望して行われる患者主体の治療であると言えます。

そのような視点を持って、「うまくレスキュー薬を使ってくれたおかげで痛みがよくなってきましたね」と患者さんに返すことで、患者さんの自己効力感のアップにつながります。

 


[引用・参考文献]


[Profile]
松田能宣
国立病院機構近畿中央胸部疾患センター心療内科/支持・緩和療法チーム

*略歴は掲載時のものです。


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2015照林社
[出典]エキスパートナース2015年1月号

P.12~「臨床の裏ワザ・裏知識」

この連載

  • 経口レスキュー薬の上手な使い方 [05/18up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 経口レスキュー薬の上手な使い方について解説します。 がん性疼痛の鎮痛が不十分なときや突出痛があるときに、オピオイドのレスキュー薬を使用します。医師の指...

  • 血液培養のうまいとり方 [05/11up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 血液培養のうまいとり方について解説します。 きちんと消毒して適切な量の採血ができれば、血液培養は誰でもとることができます。では「きちんと」「適切な」と... [ 記事を読む ]

  • カテ後の受け持ち!見るべきポイントは? [05/04up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 カテ後の受け持ちにおけるポイントについて解説します。 久しぶりの夜勤。え、この患者さん、今日カテしたんだ……何かあったらどうしよう……。 そんなときの... [ 記事を読む ]

  • 急変時のルート確保はどこにとる? [05/25up]

    『エキスパートナース』2015年1月号<臨床の裏ワザ・裏知識>より抜粋。 急変時のルート確保について解説します。 ショック状態や、心肺停止などのときは、静脈路確保(以下、ルート確保)が困難なケースが多くなります。急変した患者... [ 記事を読む ]

  • Na(natrium、ナトリウム)の読み方|「電解質異常」を読む検査 [03/02up]

    『エキスパートナース』2015年10月号より転載。 Na(natrium、ナトリウム)の読み方について解説します。 Na(ナトリウム)の基準範囲 138-145mmol/L 低下↓に注意 上昇↑に... [ 記事を読む ]

関連記事

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
480
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
830
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
450
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
406
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
521
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2212

腎盂腎炎で入院したAさんに、500mL×3本を24時間で実施するよう、持続点滴の指示が出ました。この場合の適切な輸液管理はどれでしょうか?

  • 1.一般用の輸液セットで1分間に42滴で滴下数を合わせた。
  • 2.点滴は24時間続くため、上肢を動かすのはやむを得ないことなので気にしないよう伝えた。
  • 3.トイレ歩行など立位になることを見越して、滴下速度をやや速めに設定しておいた。
  • 4.患者は心機能が低下していたため、医師の指示はないが、輸液ポンプを使用した。
今日のクイズに挑戦!