1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 衛生的手洗いを行うのはなぜ?

2018年07月28日

衛生的手洗いを行うのはなぜ?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は衛生的手洗いに関するQ&Aです。

衛生的手洗いを行うのはなぜ?

医療従事者の手指を介した交差感染から患者を守るためです。

〈目次〉

手洗いとは

手洗いには、日常的手洗い、衛生的手洗い、手術時手洗いなどがあります。

  1. 日常的手洗い:石けんを泡立て、15秒間ほど手全体をすり合わせ、流水で洗い流す方法です。皮膚表面の汚れ、有機物、通過菌(一時的に付着した細菌)の一部を除去します。
  2. 衛生的手洗い:石けんや抗菌石けんを泡立て、15秒間以上両手の表面全体をすり合わせ、流水で洗い流す方法です。皮膚表面の汚れ、有機物、通過菌のほとんどが除去されます。
  3. 手術時手洗い:衛生的手洗いを行った後に、アルコール擦式製剤のみで消毒を行う方法(ラビング法)です。以前は抗菌性スクラブ製剤とブラシによるブラッシング法やスクラビング法が行われていましたが、ブラッシングによる皮膚損傷が感染のリスクを増大させる危険性があるとして、現在では手をもみ洗いする方法が行われるようになってきました。最近では、指先のみブラッシングを併用した手洗い法も行われています。

 

衛生的手洗いとは

医療従事者の手指は病原微生物の伝播媒体の1つです。つまり、石けんを用いた手洗いを正しく行うことで交差感染を防ぎ、医療従事者と患者を感染から防御することができます。

衛生的手洗いとは患者の皮膚や粘膜に触れるケアを行う前、無菌操作を行う前の手洗いのことです。

手指の皮膚表面にみられる汚れを除去するとともに、感染の原因となる有機物大腸菌および黄色ブドウ球菌などの通過菌を除去し、接触感染を防ぐために行うものです。

2007年にCDC(米国疾病管理対策センター)から勧告された「医療現場における手指衛生のためのガイドライン」では、石けん(または抗菌石けん)と流水による手洗いに加えて、アルコール擦式製剤(速乾性手指消毒薬)によるラビング法を推奨しています。手指が目に見えて汚れている場合を除き、この方法は簡便に確実な除菌を達成できる方法です。

 

衛生的手洗いの手順

衛生的手洗いの手順は、以下のとおりです(図1)。まず、両手を手首まで流水で十分に濡らし、手のひらに液体石けん(固形石けんは細菌汚染の頻度が高いとされています)をとり、泡立てます。

図1衛生的手洗い

衛生的手洗い

 

  1. 手のひらと手のひらをすり合わせて洗います。
  2. 手の甲をもう片方の手のひらで洗います。
  3. 親指をもう片方の手で包み、もみ洗います。
  4. 指先をもう片方の手のひらで洗います。
  5. 両手首を洗います。
  6. 指を組んで指の間もていねいに洗います。
  7. 両手の指先を上に向けるようにして、流水で洗い流します。
  8. ペーパータオルで水気をよく拭き取り、使用したペーパータオルを用いて蛇口を閉めます。

手洗いが不十分になりやすい部位を知っておくことも必要です(図2)。洗い残しがないように、手全体を洗うことを心がけましょう。

図2洗い残しの部分

洗い残しの部分

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献

著作権について

この連載

  • 滅菌手袋を装着する際にも衛生的手洗いを行うのはなぜ? [08/25up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は衛生的手洗いと滅菌手袋に関するQ&Aです。 滅菌手袋を装着する際にも衛生的手洗いを行うのはなぜ? 手袋を装着する際に滅菌手袋が汚染されたり、微生物が通過してしま... [ 記事を読む ]

  • 結核が疑われる段階で、部屋を隔離するのはなぜ? [08/11up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は結核の感染対策に関するQ&Aです。 結核が疑われる段階で、部屋を隔離するのはなぜ? 結核は空気感染によって伝播する疾患であり、患者、医療従事者、家族を介した集団... [ 記事を読む ]

  • 衛生的手洗いを行うのはなぜ? [07/28up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は衛生的手洗いに関するQ&Aです。 衛生的手洗いを行うのはなぜ? 医療従事者の手指を介した交差感染から患者を守るためです。 〈目次〉 手洗い...

  • スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ? [07/21up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回はスタンダード・プリコーション(標準予防策)に関するQ&Aです。 スタンダード・プリコーション(標準予防策)を行う必要があるのはなぜ? 患者から医療従事者へ、医療... [ 記事を読む ]

  • 術後の患者に弾性包帯を使用するのはなぜ? [07/14up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は術後の患者に使用する包帯に関するQ&Aです。 術後の患者に弾性包帯を使用するのはなぜ? 術後の静脈血栓塞栓症やリンパ浮腫の予防のためです。   ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

初戦ボロ負け!婚活大反省会|マンガ・ママナースもも子の今日もバタバタ日誌

初デートが失敗に終わった松本ナースに伝授された「恋の鉄則」とは!? [ 記事を読む ]

術前の呼吸訓練

呼吸訓練。やりすぎると逆効果に!? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

術後せん妄について、どれくらい知ってる?

投票数:
1297
実施期間:
2019年03月01日 2019年03月22日

認知症患者さんの終末期医療、どう考える?

投票数:
1196
実施期間:
2019年03月05日 2019年03月26日

看護師以外の医療職、やってみたいのは?

投票数:
1184
実施期間:
2019年03月08日 2019年03月29日

今シーズン、インフルエンザにかかった?

投票数:
1105
実施期間:
2019年03月12日 2019年04月02日

「墓場まで持っていきたい秘密」ある?

投票数:
950
実施期間:
2019年03月15日 2019年04月05日

家族看護、意識してる?

投票数:
662
実施期間:
2019年03月19日 2019年04月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3084

水頭症の分類の一つに、閉塞部位によって非交通性水頭症と交通性水頭症に分類する方法があります。では、非交通性水頭症は、脳のどの部位に閉塞があるとされているでしょうか?

  • 1.脈絡叢
  • 2.脳室
  • 3.くも膜下腔
  • 4.静脈洞
今日のクイズに挑戦!