1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. 仲本りさのTALK ROOM>
  4. わたしがやっているのは看護なんかじゃない…|仲本りさのTALK ROOM【10】

2019年06月27日

わたしがやっているのは看護なんかじゃない…|仲本りさのTALK ROOM【10】

看護師&イラストレーター、仲本りさが看護師&看護学生のみなさんのお悩みにイラストエッセイでお答えします。

仲本りさのTALKROOMタイトルイラスト

連載:仲本りさのTALKROOM

お悩み10 業務に追われて看護ができない…

今年看護師になったばかりです。 小学生から看護師になるのが夢で、 やっとの思いでなることができた看護師という職業。 嬉しくて嬉しくて…!!

でも、実際に働いてみたら、 毎日忙しくて日々業務をこなすだけで精一杯。 患者さんの思いに気づいているのに、気づかないふりをして…。

そんなことをしていたら、いつかその思いに気づくことすら、できなくなってしまうのではないか…。

「今わたしがやっているのは看護なんかじゃない。免許なんてなくても、学生の時の方がよっぽど看護できてた」って思います。 

どうしたら、もっとゆとりを持って 患者さんと関われるようになるでしょうか?

(萌 1年目看護師)

 

学生時代のように看護ができないと悩んでいる看護師のイラスト

 

りさの回答

「患者さんの思いに気づかないふりをしていたら、

いつか本当に気づくことができなくなってしまうのではないか…」

その気持ちわかります。

 

“余裕のなさが原因で

いっぱいいっぱいになっているうちに

いつか自分は

何も感じ取れなくなるのでないか”

 

という怖さは私もずっと抱えていました。
 


これは2年目の頃に書いたものですが、

今もまた同じように

「看護師として、人として

大事な何かを失っていってるんじゃないかな」って

無性に不安になることがあります。


でも、

 

いっぱいいっぱいになって今手放したものも、

取り戻していけるよって信じています。


ゆとりを持って仕事をするために、

今できることは

 

「人の気持ちに気づいていながら

そこに時間を割けなかった私なんて最低だ!」

 

と、やけになって投げ出したりせず、

 

ひとつひとつ

自分の仕事能力を上げて、

キャパを広げて、

気持ちにも時間にも

余裕が持てるように自己研鑽するのみです。

 

日々の業務をする看護師のイラスト

 

「学生の頃の方がよっぽど看護できていた」

という気持ち、わかります。

 

だけどやっぱりそれは、

掃除や環境整備や

記録やら書類の処理やら…

無数にあるたくさんの雑務を

誰かが支えてくれている上で

 

“看護ケアらしいことに

時間をたっぷり割ける環境を

用意してもらえていたから”

 

じゃないでしょうか。

 

自分が思う看護の形とは

違うかもしれませんが、

 

あの時より

確実にできることは増えている

と思いますし、

雑務だと感じることも

看護ケアを支えている大切な仕事です。
 

 

今は目の前のことにしっかり取り組んで、

いつか上手に時間を作れるようになった時、

上手に自分の気持ちに余裕を持てるようになった時、

 

作った時間を

今まで患者さんにしてあげられなかったことに使ってあげましょ。

その時まで

「こんなことしてあげたかった」

を忘れないように大切に抱いておきましょ。

 

大丈夫ですよ、

今のその気持ちを大切にしていれば。

 

自分に言い聞かす気持ちで

お話しさせてもらいました。
 

看護師からのアドバイスのイラスト

 

お悩み大募集!

仕事のこと、友達のこと恋愛のこと…

あなたのお悩みにイラストエッセイでお答えします。

詳しくはこちら 

【プロフィール】

仲本りさ 

1991年生まれ。大阪府出身。看護師兼イラストレーター。看護師についてのInstagramが話題となり、実話に基づいたイラストエッセイ「病院というヘンテコな場所が教えてくれたコト。」(いろは出版)を出版。

 

Instagram:@risa_rsrs

Twitter:@RisaRsrs

Blog:リサノート

Interview:真っ暗だった1年目を越えて。今伝えたいこと

 

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(0)

関連記事

いちおし記事

爪切りで傷害罪になる!?

場合によっては看護師が刑事責任を問われることも…! [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

あなたの勤務先にはローカルルールってある?

投票数:
1250
実施期間:
2019年08月06日 2019年08月27日

病棟の申し送り、どれくらい時間をかけてる?

投票数:
1240
実施期間:
2019年08月09日 2019年08月30日

「あぁ、看護師でよかった」と思ったことはある?

投票数:
1123
実施期間:
2019年08月13日 2019年09月03日

あなたの職場はマタハラある?

投票数:
1063
実施期間:
2019年08月16日 2019年09月06日

あなたの推しスイーツがあるコンビニは?

投票数:
982
実施期間:
2019年08月20日 2019年09月10日

苦手な看護技術、克服したことある?

投票数:
527
実施期間:
2019年08月23日 2019年09月13日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3467

64歳の男性患者さん 。心不全が再発し、入院することになりました。内服薬の管理・食事の制限ができていないことが問題となっています。独居で支援者はいません。栄養士からの栄養指導を実施しましたが、「1人暮らしで食事なんて作っていられない。3食ちゃんと食べているのだからそれでいいだろう。病院の食事なんて味が薄くて食べられない」と話し、食事療法を取り入れるつもりはない様子です。この患者さんへの看護師の介入方法として、最も優先すべきものでしょうか?

  • 1.医師から食事制限の必要性を説明してもらう。
  • 2.食生活がきちんとできるよう、自炊を心がけるように指導する。
  • 3.今までの生活について話を聞く。
  • 4.減塩の宅配食を勧める。
今日のクイズに挑戦!