1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ぴんとこなーす>
  4. 転倒についてナースが思うこと|マンガ・ぴんとこなーす【49】

2017年07月08日

転倒についてナースが思うこと|マンガ・ぴんとこなーす【49】

長編シリーズの第3回。
「この世から転倒がなくなればいい!」そんなナースの思いを語りました。

 

ナースの嫌いなもの三つ。褥瘡、体に入った管を抜かれる、そして転倒。

高齢者の方は尻もちをついただけでも、大腿骨頚部とか大転子部という辺りがぽっきりいってしまいます。ここは上半身と下半身を繋ぐとても大事な部分なので、ぽっきりいっちゃうと生活全般に影響を大きく及ぼします。治療が終わっても歩行器や車椅子が必要になってしまったり。最悪寝たきりになってしまったりすることも。

また、頭をぶつける形で倒れてしまうと、硬膜やクモ膜と呼ばれる部分が出血し、血液が溜まってしまうことがあります。脳が圧迫されると、認知面や動作等に異常が出ることもあります。

だからナースは患者さんが転倒してしまうと、その後の患者さんの人生を変えてしまったのではないかと言う罪悪感で、とても自分を責めます。転倒があると、ナースは事故報告書として事の顛末を報告書にあげます。転倒や事故のケースを集めることで今後の事故を防ぐのが目的ですが、「これで転倒減るか…?」と思っちゃう瞬間はあるにはある。

今まで普通に歩いていた人は、当然だけど受傷後も普通に歩こうとする。「動くときはナースコール押してってお話したじゃないですかー」といっても「トイレ行くくらい転ばないって」というけれど、そうやって言う人ほど転ぶんだよなぁ…

転倒のリスクがある患者さんは、高齢などの要因で下肢の筋肉低下がある方。精神疾患や認知症で現在の自分の状態を理解できない方。ナースコールが理解できない小児。アルコール離脱せん妄や術後せん妄などでナースコールを理解できない方。術後せん妄とは、手術の後麻酔などの影響で今時分のいる場所もわからない大混乱状態になっちゃうことです。

夜勤務中個室から叫び声が聞こえたのでナスさんが向うと、アイちゃんを押しのけて…

患者さんが飛び出してきました。

ナスさんは暴れる患者さんともみ合い、後ろ向きで抱きとめながら倒れてしまいました。

正気にもどったアイちゃんは「(患者さんは)大丈夫ですか!?」「(患者さんは)大丈夫!どこも打ってない」

帰ったら、ナスさんのお尻にでかいあざができていた。後日、ナスさんが患者さんにバックドロップかました…という噂になっていた。口頭指示は危険と改めて認識するナスさん。

転倒ってなくせないんですかねーと言うナスさんに、ヤマツジさんは「転ばない方法より、転んだときのことを考えたほうがいいわよ」というドライな答え

だからナースは物音に敏感。病棟で大きな音を立てると、冷たい目で見られることうけあい。

転倒しない人はこの世にいません。私達はせめて入院は安全に過ごしてもらいたくて力を尽くしますが、転んでしまう人はどうしても転んでしまいます。だから私達は転倒が嫌いです。転倒が嫌いなのであって転倒する人が嫌いなわけではないので、やり場のない怒りをつい自分に向けてしまいます。「世の中の床が全てゼリーかマシュマロになればいいのにぃ!」

転倒についてナースが思うこと(完)

 

 


【著者プロフィール】

ぷろぺら(@puropera44

現役で病棟看護師やってます
ぴんとこなーすをどうぞよろしくお願いします!

Twitter[https://twitter.com/puropera44

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(7)

7ゆー2017年10月20日 23時20分

マシュマロ賛成(*´・ω・`)/

62017年10月17日 23時55分

なすさんそこ小転子...

5匿名2017年07月11日 22時27分

納得!

4イソラ2017年07月08日 18時04分

もう良く解ります。解りすぎて涙出てきます。お互い頑張ろうね。

3やん2017年07月08日 13時24分

転倒しそうになって支えた自分がギックリ腰になりました…笑。
でも患者さんは無傷で本当に良かったです(^^)

2いも2017年07月08日 11時07分

読みながら全力で((+_+))「うんうん」とうなづいてしまった(笑)

1maturea2017年07月08日 07時24分

分かりすぎて全てが辛い!!!!!

関連記事

いちおし記事

「ぼくねぇ、もうすぐ死ぬんだ…」にどう答える?

マンガ『おうちで死にたい~訪問看護の現場から~』の続編です。 [ 記事を読む ]

褥瘡の悪化を防ぐのに最適なポジショニングは?

褥瘡発生原因のアセスメントから「動きの過程」と「座位の保持」を評価した上でどのようなポジショニングがベストかを解説します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

上司に怒りを感じるのはどんなとき?

投票数:
1487
実施期間:
2017年10月31日 2017年11月21日

なかなか寝られないとき、どうしてる?

投票数:
603
実施期間:
2017年11月03日 2017年11月24日

看護師国家試験、苦手科目は?

投票数:
765
実施期間:
2017年11月07日 2017年11月28日

一番好きな医療ドラマはどれ?

投票数:
527
実施期間:
2017年11月10日 2017年12月01日

J-アラート作動(弾道ミサイル発射)!どうする?

投票数:
387
実施期間:
2017年11月14日 2017年12月05日

「こんなドクターいたらいいな…」一緒に働いてみたい俳優は?

投票数:
267
実施期間:
2017年11月17日 2017年12月08日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者556

78歳女性、持続する発熱と下腹部から臀部回りの痛みを訴え、老健施設より救急搬送にて来院しました。肋骨脊柱角叩打痛もあり、尿路感染症の診断で入院となりました。尿の培養は104CFU/mLであり、検鏡にてブドウ球菌様のGPCが認められ、3日後にブドウ球菌と確定しました。当初から抗菌薬としてVCMが開始とされていました。1週間以上抗菌薬を投与してもなかなか発熱も痛みも治まらず、腹部CTを撮影したところ、腸腰筋膿瘍であることが判明し、血液培養からはMRSAが検出され、臓器移行性も考えて抗菌薬をLZDに変更されました。解熱と炎症所見の改善がありましたが、投与2週間目に白血球と血小板が減少、また貧血傾向になりました。次のうち最も考えられることと行うべきことはどれでしょうか?

  • 1.白血球や血小板減少は、抗菌薬による骨髄抑制が原因と考えられるため、再度、VCMに変更するなど、他剤へ変更することを検討する。
  • 2.貧血傾向は、抗菌薬投与による腎機能障害から来る、腎性貧血であるため、医師と相談し、腎性貧血の治療を実施してもらう。
  • 3.LZDは臓器移行性が最も良いため、白血球減少や血小板減少、貧血に対し治療を行いながら使い続ける。
  • 4.解熱と炎症所見も改善していることから、抗菌薬を中止とし経過を見る。
今日のクイズに挑戦!