1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. マンガ・こんな私も3年目~みちよのナース道>
  4. 3年目の私たち|マンガ・こんな私も3年目~みちよのナース道【1】

2017年04月16日

3年目の私たち|マンガ・こんな私も3年目~みちよのナース道【1】

現役ナースが描く『看護師3年目マンガ』、スタートです!

 

3年目の私たち。私は3年目の看護師、にわみちよです。3年目は看護師として油が乗ってくるお年頃。同期たちと共に個性的に成長しています。たとえば医師に指示をもらう時。たえちゃんの場合、素直なストレートタイプ「先生~指示お願いします~!」なおちゃんの場合、面倒見の良いお母さんタイプ「先生!ココの指示抜けてますよ!」さえちんの場合、かわいくおねだりタイプ「先生、指示書いて下さいね」なっちゃんの場合、プレッシャータイプ「先生…指示…」とさまざまな方法で指示をもらっています。!そして自分は…「あの~指示…くだっ…」わたわたしてしまって、結局指示もらえなかった。みんなから「成長してないじゃん!」呆れられちゃいました。こんな私たちのナース道、これからお楽しみください。

次回以降、みちよは、成長する姿を見せられるのか!?
乞うご期待!

 


【著者プロフィール】

にわみちよ

埼玉県出身。高校の衛生看護科、看護専攻科を経て20歳で正看護師免許を取得、地元の総合病院に就職する。外科のほかに産科や企業看護師、産後ベビーシッターなども経験。妊産婦新生児向けのリフレクソロジーも行っている。H19年にマンガ家としてデビュー

 

『ナースになったらピュアな心がなくなりました。』 (バンブーエッセイセレクション) 好評発売中!

 

◆月刊誌『本当にあった愉快な話』(竹書房)

みちよが主人公の「現役ナースのナイショ話」が好評連載中!

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(2)

2匿名2017年04月17日 22時06分

分かる Drごとに癖あるから嫌だよね

1匿名2017年04月17日 08時43分

おもしろい!掲載楽しみにしてます!

関連記事

いちおし記事

ナースは力持ち

気は優しくて力持ち!看護師ワカさん&ナスさんの”ナース筋”の見せ所。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

ショック状態や、心肺停止などのときは、ルート確保が困難なケースが多くなります。どこでとるべき? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

「看護師の9K」働いてみて実感するものは?

投票数:
2353
実施期間:
2018年04月03日 2018年04月24日

「看護師になりたい」と伝えた時、親はどういう反応だった?

投票数:
852
実施期間:
2018年04月06日 2018年04月27日

腰椎穿刺検査後の安静、どうしてる?

投票数:
732
実施期間:
2018年04月10日 2018年05月01日

一番好きな看護方式はどれ?

投票数:
723
実施期間:
2018年04月13日 2018年05月04日

ゴールデンウィーク、今年は何日?

投票数:
612
実施期間:
2018年04月17日 2018年05月08日

院内恋愛、もしするならどの職種がいい?

投票数:
513
実施期間:
2018年04月20日 2018年05月18日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3920

既往に胃潰瘍、高血圧があり内服治療している65歳男性のAさん。右腎ガンに対し、腎部分切除術施行を行い、後腹膜にドレーン1本、右内頸静脈に中心静脈カテーテル、尿管カテーテルが留置された状態で帰室しました。
術後、シバリングが出現したため、電気毛布で保温しています。点滴はソルデム®1(500mL)80mL/H、フェンタニル®(0.5㎎)1A+生理食塩水40mlをシリンジポンプで2mL/H(2~5mL/Hで調節可)、硬膜外麻酔として0.2%アナペイン®4mL/Hで管理しています。
術後1時間経過したところで患者さんから「暑くなってきました。痛みも出てきて辛いです」と訴えがありました。術直後と1時間後のバイタル測定値は以下の通りです。経験値が浅いスタッフより、疼痛コントロールについての相談がありました。最も正しいアドバイスは次のうちどれでしょうか?

  • 1.疼痛の原因を探るため、ドレーン排液の性状・量、尿量、下腹部の状態を確認し、すぐ医師へ報告するように指導した。
  • 2.疼痛コントロールが優先であるため、条件付き指示にあるロピオン®1Aをゆっくり静脈内注射するように指導した。
  • 3.疼痛コントロールと解熱目的で条件付き指示にあるボルタレン®25㎎1個直腸内投与するように指導した。
  • 4.ドレーン排液の性状・量、尿量、下腹部の状態を確認した後、フェンタニル®持続投与を2mL/Hから3mL/Hへ増量し、経過観察するよう指導した。
今日のクイズに挑戦!