BLSからALSに移行したら、胸骨圧迫はやめていい?

『いまさら聞けない!急変対応Q&A』(照林社)より転載。一部改変。
今回はBLSからALSに移行した際の胸骨圧迫について解説します。

 

村上香織
近畿大学病院 救命救急センター 看護長/急性・重症患者看護専門看護師/救急看護認定看護師

 

BLSからALSに移行したら、胸骨圧迫はやめていい?

心拍が再開しない限り、胸骨圧迫は継続すべきです。

 

 

BLS(一次救命処置)のみでは自己心拍再開(ROSC[ロスク])が得られないときは、ALS(二次救命処置)に移行しても胸骨圧迫は継続しなければなりません。

 

ALSに移行しても、BLSと同様に胸骨圧迫の中断はできるだけ避け、質の高い胸骨圧迫を継続する必要があります(図1)。

 

図1 質の高い胸骨圧迫

質の高い胸骨圧迫

 

やむを得ず胸骨圧迫を中断するのは、以下の3つの場面のみです。
人工呼吸を行うとき
心電図波形やROSCを評価するとき
電気ショックを実施するとき

 

 

目次に戻る

胸骨圧迫は心肺蘇生の要(かなめ)

ALSは、BLSだけではROSCが得られない場合に実施する高度な処置です。

 

ROSCを得るためには、質の高い CPRを実施しながら、心停止の可逆的な原因(表1)の検索と是正、静脈路・骨髄路の確保、血管収縮薬・抗不整脈薬投与や、高度な気道確保(気管挿管など)の検討などを行うことが、ALSでは重要となります。

 

表1 心停止の可逆的な原因

心停止の可逆的な原因

 

そして、ROSCが得られた後は、吸入酸素濃度と換気量の適正化、循環管理、12誘導心電図・心エコー、体温管理療法(低体温療法など)、再灌流療法、てんかん発作への対応、原因の検索といったモニタリングと管理を行う必要があります。

 

 

目次に戻る

引用・参考文献

1)日本蘇生協議会 監修:JRC 蘇生ガイドライン 2015.医学書院,東京,2016:48-70.


 

本連載は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

> Amazonで見る   > 楽天で見る

 

 

[出典] 『いまさら聞けない!急変対応Q&A』 編著/道又元裕ほか/2018年9月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ