咽頭塗布の場合、塗布する順が決まっているのはなぜ?|咽頭塗布

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は咽頭塗布実施時の塗布する順番に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

咽頭塗布の場合、塗布する順が決まっているのはなぜ?

咽頭塗布を行う時には、口蓋弓(こうがいきゅう)、扁桃(へんとう)、咽頭(いんとう)の順に塗布します。

 

これは、咽頭に先に塗布すると吐き気が起こり、ほかの部分に塗布できなくなる場合があるからです。患者が受ける刺激が、より少ない部分から塗布していくと、効率的に行えます。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ