咽頭塗布をするのはなぜ?|咽頭塗布

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は咽頭塗布に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

咽頭塗布をするのはなぜ?

咽頭塗布(いんとうとふ)を行う目的は、咽頭痛や嚥下痛、咽頭不快感などを改善するために炎症部位にピンポイントで薬液を作用させるためです。

 

検査や処置の下準備として局所麻酔を施す場合も、スプレーによる咽頭塗布を行います。

 

咽頭がよく見えるように頭を軽く後ろに傾け、薬液を十分につけた巻綿子(けんめんし)で塗布します。粘膜に損傷を与えないように、軽く塗布することがポイントです。

 

図1咽頭塗布

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ