坐薬を素手で持ってはいけないのはなぜ?|直腸内与薬

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は坐薬に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

坐薬を素手で持ってはいけないのはなぜ?

坐薬は体温で溶けるように製剤されているため、直接素手で持つと挿入前に変形してしまう可能性があるからです。

 

坐薬の尖っていないほうをガーゼで持つようにします。

 

なお、坐薬を室温で保存すると溶解して変形・変質する危険性があるため、冷蔵庫あるいは冷暗所に保管します。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ