口頭での指示を避けるのはなぜ?|経口与薬

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は経口与薬に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

口頭での指示を避けるのはなぜ?

投薬ミスを防ぐためです。常に、正しい患者、正しい薬剤、正しい服薬量、正しい与薬方法、正しい時間の5つの原則に基づいた与薬を行う必要があります。

 

そのためには、医師の指示書を正確に読み取り、薬札に病室番号、ベッド番号、氏名、薬剤名、量、濃度、時刻、方法、薬札を作った看護師の名前などを書き入れ、複数の目でチェックを行います。

 

やむをえず口頭で指示を受ける場合は、指示内容、時間、医師名、受けた看護師名などをメモし、復唱して医師の確認を求めます。

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ