クレンメを一気に開放するのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はチューブ内の空気に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

クレンメを一気に開放するのはなぜ?

輸液セットを輸液ボトルにつなげて点滴筒の半分まで輸液を入れたところで、クレンメを開放してチューブ内を輸液で満たします。この時一気にクレンメを開放するのは、チューブ内の空気を完全に抜くためです。一気に開放することで輸液が勢いよく流れ、チューブ内の空気が一気に押し出されます。

 

輸液ボトルを交換する時の不手際が原因で、チューブ内に空気が混入することもありえます。この場合は、三方活栓のレバーを側管に輸液が流れるようにセットし、側管に注射器を入れて空気を抜きます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ