クレンメを点滴筒付近に寄せるのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はクレンメに関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

クレンメを点滴筒付近に寄せるのはなぜ?

輸液セットを正確につなげた後、クレンメの位置を点滴筒の近くに寄せておきます。これは、クレンメが低い位置にあると、患者が体を動かした時にクレンメのローラーが動き、滴数が変化する可能性があるからです。また、患者の手の届く位置にあると、意識的あるいは無意識に、患者がローラーをいじる危険性もないとはいえません。

 

クレンメが点滴筒の近くに位置していると、看護師が滴数の確認をする時にやりやすいという利点もあります。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ