輸液ボトル(輸液バッグ)に予定時間や液の残量目安を記すのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は輸液ボトルに関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

輸液ボトル(輸液バッグ)に予定時間や液の残量目安を記すのはなぜ?

指示通り注入できているか、確認しやすくするためです。1 時間ごとの輸液量、開始時間と1時間ごとの残液の目安を書き込んでおきます。

 

ただし、輸液バッグがプラスチック製の場合は、油性ペンで直接書かないようにすることが大切です。油性ペンの溶ようざい剤が透過する危険性が指摘されているからです。調剤ラベルあるいはテープを貼った上に記すようにします。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ