患者に薬の内容などを説明するのはなぜ?|点滴静脈内注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は輸液療法に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

患者に薬の内容などを説明するのはなぜ?

治療の必要性や方向性を患者と共有するために、薬の内容や起こりやすい副作用について、分かりやすく説明をする必要があります。

 

そのためには、医師の指示内容を患者の状態とあわせて理解していなければなりません。指示について疑問がある場合は、医師に尋ねて明確にすることが必要です。

 

いつから、どのくらいの時間をかけて、何時頃終了するのかといった予定を告げると、患者は安心して輸液療法を受けられます。

 

患者への説明は、一方的にならないように、協力を求める姿勢が重要です。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ