患者に注射の内容を説明するのはなぜ?|注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は注射内容の説明に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

患者に注射の内容を説明するのはなぜ?

何のためにどのような注射をするのか、副作用はあるのかなど、注射の目的と内容について患者に説明をするのは、患者の不安を緩和するためです。

 

患者には、自分がどのような治療を受けるのか知る権利があります。患者の同意を得てから行いましょう。また、起こりうる副作用を説明しておくことで、万が一副作用が起きた時に患者の不安を軽減することができます。

 

説明は、患者の姓名を確認し、本人であることを確かめたうえで行います。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ