注射筒の空気を抜くのはなぜ?|注射

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は注射筒に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

注射筒の空気を抜くのはなぜ?

空気が血管内に入ると、空気塞栓(そくせん)を起こす危険性があるからです。特に、静脈内注射の場合は注意が必要です。

 

筒先を上にして垂直に注射器を立てるのは、空気を上に集めることによって抜きやすくするためです。針基(はりもと)をアルコール綿で押さえながら、注射器内の空気を抜きます。この時、薬剤を吸い上げた状態で空気を抜こうとすると、針管の内部にある薬剤が出てしまいます。いったん注射器の内筒を引き、針管の薬剤を注射器内に入れておくことが大切です。

 

空気を抜く時には、薬剤が針先からわずかに出る程度が目安です。針基をアルコール綿で押さえておくと、薬剤の針先への逆流を防ぐことができます。

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ