母指を中にして手を握ってもらうのはなぜ?|採血

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は採血に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

母指を中にして手を握ってもらうのはなぜ?

母指(ぼし)を中にして握ることで前腕部の筋肉が収縮し、末梢部からの静脈血の還流が促され、駆血部より末梢の静脈に強い怒張が起きるためです。静脈血がうっ血して血管が拡張し、採血しやすくなります。

 

駆血帯を巻いても、母指を中にして手を握らせても血管が見えにくい患者は、軽く叩いたり、温めたり、末梢からこすったりして刺激を与え、血管壁を拡張させます。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ