傾斜路で頭部を高い位置に保つのはなぜ?|ストレッチャーでの移送

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はストレッチャーでの移送時の患者の頭部の位置に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

傾斜路で頭部を高い位置に保つのはなぜ?

傾斜路では、上りは頭から、下りは基本通り足もとから走行させ、常に頭部が高い位置を保てるようにします。

 

これは、頭部が低くなると重力の作用によって血液循環が変化したり臓器への圧迫が加わったりして、患者にとって不快に感じられるからです。

 

担架で輸送する場合も、頭部を高い位置に保つ必要があります。背の高い看護師が頭部側を持つようにすると、自然に患者の頭部が高くなります。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ