車いすをゆっくり押すのはなぜ?|車いすでの移送

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は車いすの押し方に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

車いすをゆっくり押すのはなぜ?

車いすは座面が低いため、看護師が普通に歩く程度の速さで押すと、患者にとっては非常にスピード感を感じるものです。スピード感は不安につながりますので、できるだけゆっくりと押すようにします。

 

廊下を曲がる時も、急にカーブを切ると患者の体が振られて不安定になってしまいます。左折時は右の握りに力を入れ、右折時は左の握りに力を入れ、患者に負担がかからないように曲がる必要があります。

 

これに加えて、曲がる時には患者に声かけを行います。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ