看護師が支持基底面を広く取るのはなぜ?|移動・移送

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は移動・移送の援助に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

看護師が支持基底面を広く取るのはなぜ?

移動・移送の援助を行う時、看護師が支持基底面を広く取ることを意識しなければいけないのは、患者の安全・安楽を保障するためです。

 

ボディメカニクスに基づいた合理的な介助を行うことで、看護師のエネルギー消費も少なくなり、患者は安心して看護師にケアを委ねることができます。

 

移動・移送の援助を行う時は、重心を低く保ち、足をやや開いて支持基底面を広く取ります。

 

重心を支持基底面内に置くと同時に、患者や物などの重心をできるだけ自分の重心に近づける—というボディメカニクスの原則を、常に意識する必要があります。

 

図1ボディメカニクス

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ