患者の頭を支えるのはなぜ?|体位変換

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は体位変換時の患者の頭に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

患者の頭を支えるのはなぜ?

頭部は重量のある組織であるため、後頭部を看護師が支えることなく起こすと、患者の頚椎に無理な力がかかってしまうからです。

 

また、頭部への余計な振動を防ぐためにも、頭はしっかりと支えることが必要です。

 

看護師は患者の右側に立ち、足を肩幅に開いて上半身を低くします。そして、患者の頭をまず右手で支え、次に左手を深く差し入れて支えます。

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ