移動にシーツやバスタオルを利用するのはなぜ?|患者のボディメカニクス

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は患者の移動に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

移動にシーツやバスタオルを利用するのはなぜ?

患者をベッドの上方へ移動したり、片側に寄せたりする時、患者の体の下にシーツやバスタオルを敷き、両端を複数の看護師が持って移動することがあります。これは、シーツやバスタオルによって支持面が広くなり、看護師にかかる負担が軽くなるという利点があるからです。

 

また、患者にとっても、看護師の腕で支えられるよりも支持面が広くなるので、安定感が増して安楽に移動することができます。また、シーツやバスタオルを使うことで、患者を引きずることなく移動が行えます。褥瘡ができている患者の移動にも有効な方法です。

 

図1シーツやバスタオルを使った移動

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ