排泄援助を行うのはなぜ?|排泄援助

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は排泄援助に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

排泄援助を行うのはなぜ?

排泄の自立ができない患者に対しての排泄援助は、生理的なニードを満たすために欠かせない重要な援助です。入院中の患者のなかには、身体的な障害や治療上の規制から、自力で排泄行為をできない人もいます。

 

排泄行為は、他者に援助を求めにくい行為であることから、看護師は十分なプライバシーへの配慮が必要です。

 

援助を行う際は、患者の自立度を判断し、どの程度の援助が必要であるかアセスメントする必要があります。

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ