成人用のチューブが約45~55cmなのはなぜ?|経管栄養

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は経管栄養のチューブの長さに関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

成人用のチューブが約45~55cmなのはなぜ?

口腔から内までの距離が45〜55cmであるためです。

 

チューブが短いと胃まで届かずに、食道内に栄養剤が貯留することもあります。こうした場合は、逆流の危険性もあります。反対にチューブが長すぎる場合は、胃壁を刺激したり、穿孔を起こす危険性があります。挿入する場合は、あらかじめチューブの45~55cmの部分に目印をつけておくと安心です。

 

図1経管栄養のチューブの長さ

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ