呼吸リハビリテーションの目的は?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「呼吸リハビリテーションの目的」に関するQ&Aです。

 

小松由佳
杏林大学医学部付属病院看護部

 

呼吸リハビリテーションの目的は?

 

呼吸リハビリテーションは、呼吸障害の予防と改善、日常生活行動(ADL)の維持・獲得を目的として行います。

 

呼吸リハビリテーションの目的

呼吸リハビリテーションの主たる目的は、いかなる病期においても次の2つである。

 

  1. 呼吸障害の予防と改善
  2. ADL(日常生活行動)の維持・獲得

いかなる呼吸障害を生じていたとしても、病期・病態に応じたリハビリテーションを実施して、日常生活を取り戻すことをめざす。

 

略語

 

  • ADL(activities of daily living):日常生活行動

[文献]

  • (1)日本呼吸ケア・リハビリテーション学会, 日本呼吸器学会, 日本リハビリテーション医学会,日本理学療法士協会編:呼吸リハビリテーションマニュアル─運動療法 第2版.照林社,東京,2012.
  • (2)日本呼吸管理学会, 日本呼吸器学会:呼吸リハビリテーションに関するステートメント,2001.http://www.jrs.or.jp/quicklink/guidelines/statement/pdf/rehabilitation.pd(f 2014年11月18日閲覧).

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ