患者によっては、背部を足より後に拭くのはなぜ?|清拭

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は清拭の順番に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

患者によっては、背部を足より後に拭くのはなぜ?

拭く順番は、上半身から下半身へ、汚れの少ない部位から汚れている部位へ、というのが基本です。

 

しかし、ベッド上で生活していると、足よりも背部や殿部、陰部のほうが汚れやすくなりますので、患者の状況によっては下肢を先に拭き、最後に発汗や排泄物などで汚れやすい背部や殿部、陰部を拭いたほうがよい場合があります。寝たきりでオムツを使用している患者は、背部や殿部、陰部などを最後に拭くとよいでしょう。

 

また、背部は最も寒さを感じる部分ですから、拭いた後にすぐに着衣できることも、背部を最後にする利点のひとつです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ