不用意に床に膝を立てて作業をしてはいけないのはなぜ?|ベッドメーキング

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回はベッドメーキング中の注意事項に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

不用意に床に膝を立てて作業をしてはいけないのはなぜ?

不用意な行動によって、患者を感染の危険にさらさないようにするためです。

 

病室の床は、患者の分泌物や薬剤によって汚染されている可能性があります。ベッドメーキングをする時に、不用意に床に膝をつくと、看護師自身が媒体になってほかの患者へ感染させてしまう危険性があるということを、常に意識しながら動くようにしましょう。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ