意識のない患者に気管挿管を行うときは、鎮静しなくていいの?

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「気管挿管における鎮静」に関するQ&Aです。

 

露木菜緒
国際医療福祉大学成田病院準備事務局

 

意識のない患者に気管挿管を行うときは、鎮静しなくていいの?

 

心肺停止など緊急を要する場合は鎮静薬を使用せずに挿管しますが、クモ膜下出血や頭部外傷などの場合は鎮静下で実施します。

 

〈目次〉

 

心肺停止時における気管挿管の対応

心肺停止時など、意識がなく、無呼吸で、嚥下反射がない患者に気管挿管を行う場合は、鎮静薬を使用しない。

 

ただし、バッグバルブマスクなどで手動式換気を行い、酸素化を図った後に挿管する。

 

クモ膜下出血・頭部外傷時における気管挿管の対応

循環のあるクモ膜下出血や頭部外傷時の患者に対しては、血圧や頭蓋内圧の変動による再出血を回避するため、意識がなくとも鎮静・鎮痛薬を使用する。

 


[文献]

  • (1)薊隆文,勝屋弘忠:気管挿管法.外科治療2006;94:361-372.
  • (2)天谷文昌,松田愛:気管挿管の手技と注意点.The Lung Perspectives2012;20:27-30.

 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ