寒い時はどんな方法で体温を維持するの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

今回は寒い時の体温調節について説明します。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

寒い時はどんな方法で体温を維持するの?

暖かな部屋から吹雪のなかに足を踏み出した時、私たちの体のなかではどのような変化が起きているのでしょう。急に体温よりも寒い環境に置かれたわけですから、視床下部には体が冷えつつあるぞという情報が送られます。すると、視床下部は2つの指令を出します。

 

1つは、できるだけ体内の熱を逃がさないようにしろという指令です。そしてもう1つは、体内で急いで熱を作り出せという指令です。

 

熱を逃がさないようにするための反応は、毛細血管で起こります。毛細血管を収縮させ、末端に血液が流れないようにするのです。これにより、皮膚表面や末端から熱が放出されにくくなります。

 

また、寒い時に鳥肌が立つことがありますが、これは毛根にある立毛筋が収縮するためです。かつて祖先が体毛で覆われていた時代、毛を直立させて体のまわりの空気層を増やし、寒さから身を守っていた時の名残です。

 

一方、熱を作り出すほうの指令は筋肉に伝わります。寒い時に震えるのは、熱を作り出すため、体温調節中枢からの指令で筋肉が収縮を繰り返すからです。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ