直腸温測定|体温計を挿入する際、患者に口呼吸をしてもらうのはなぜ?

『看護技術のなぜ?ガイドブック』より転載。

 

今回は「体温計挿入時(直腸温)の注意」に関するQ&Aです。

 

大川美千代
群馬県立県民健康科学大学看護学部准教授

 

体温計を挿入する際、患者に口呼吸をしてもらうのはなぜ?|直腸温

口呼吸を行うと腹圧がかからず、肛門括約筋(かつやくきん)が弛緩し、体温計が挿入しやすくなるからです。

 

直腸での体温測定には羞恥心が伴いますので、プライバシーに配慮し、患者の気持ちをリラックスさせる働きかけも重要になります。

 

図1直腸温の測定

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。/著作権所有(C)2016照林社

 

[出典] 『看護技術のなぜ?ガイドブック』 (監修)大川美千代/2016年3月刊行/ サイオ出版

SNSシェア

看護知識トップへ