女性は一生に何個くらい排卵をするの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「排卵」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

女性は一生に何個くらい排卵をするの?

新生児の卵巣には、左右合わせて数十万個の原始卵胞があります。

 

しかし、これらの卵胞がすべて生き残るわけではなく、成長につれて数が減り、12〜15歳で約40万個、18〜24歳で約15万個の原始卵胞があるといわれます。

 

このうち二次卵胞、胞状卵胞を経て成熟卵胞になるのは、わずか数百個にすぎません。女性の一生で月経のある期間を35年、月経周期を30日とすると、35×12=420個 が、一生涯で排卵する卵子の数です。

 

図1卵巣周期

卵巣周期

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ