骨はどんな役割を果たしているの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「骨」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

骨(こつ)はどんな役割を果たしているの?

骨の果たしている役割で最も分かりやすいのは、体の支柱として頭や上体を支えていることでしょう。骨がなければ、重い頭や腰を支えることはできません。骨は鉄筋コンクリートの建物の鉄筋に相当します。 

 

それだけではありません。いくつかの骨が集まり、重要な臓器を収める腔(くう)を作るのも、骨の大事な役割です。

 

頭蓋腔にはが、胸腔には肺や心臓が、脊柱管には脊髄が、骨盤腔には膀胱や生殖器が、骨で守られながら納まっています。

 

さらに骨は、筋肉と協同して関節を支点に様々な運動をしたり、骨髄で赤血球や白血球、血小板などの血球成分を作ったり、カルシウムやリンなどを貯蔵し、これを必要に応じて血液中に送り出したりしています。

 

⇒〔解剖生理Q&A 記事一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ