大腸はどのような働きをしているの?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。

 

[前回]

小腸はどのようにして内容物を運ぶの?

 

今回は「大腸の働き」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

大腸はどのような働きをしているの?

大腸は、胃腸管(消化管)の末端に位置する臓器です。

 

盲腸、結腸、直腸からなり、結腸はさらに上行結腸、横行結腸、下行結腸、S状結腸に区分されます。太さは5〜8cm、長さは150〜180cmです。

 

図1大腸の区分と内容物の形状

大腸の区分と内容物の形状

 

口腔から始まった食物の旅は、大腸で終わりを告げます。 

 

消化に関して大腸が担当しているのは、水分の吸収です。小腸から移動してきた内容物の水分は大腸で吸収され、粥状(じゅくじょう)から固形になります。

 

食物が大腸に運ばれてくるのは、食事をしてから4〜5時間後です。

 

[次回]

腸の内容物はどのように大腸に送られるの?

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ