ホルモンの伝わる速さはどれくらい?

『からだの正常・異常ガイドブック』より転載。
今回は「ホルモンの伝わる速さ」に関するQ&Aです。

 

山田幸宏
昭和伊南総合病院健診センター長

 

ホルモンの伝わる速さはどれくらい?

ホルモンは自律神経系や免疫系とともに、生体の恒常性維持に関与しています。しかし、ホルモン、自律神経系、免疫系が効果を発揮するスピードはそれぞれで異なります。外界条件が変化した場合、内部環境を一定に保つために最もスピーディーに働くのが神経システム(系)です。

 

神経系の作用が現れるまでに要する時間は、秒単位、分単位です。これに対し、最もゆっくり作用するのが免疫システム(系)で、時間単位、日単位で作用が伝わります。 

 

ホルモンが作用するまでに要する時間は、この両者の中間で、分単位、時間単位で作用が発現します。

 

⇒〔解剖生理Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『看護のためのからだの正常・異常ガイドブック』 (監修)山田幸宏/2016年2月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ