浣腸液を注入した後、5分間くらい我慢させるのはなぜ?

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は浣腸に関するQ&Aです。

 

江口正信
公立福生病院診療部部長

 

浣腸液を注入した後、5分間くらい我慢させるのはなぜ?

 

浣腸液が腸管内に留まることが、腸に適度な機械的刺激となるためです。

 

〈目次〉

 

浣腸液注入後、排便を我慢させるのは

浣腸液は、腸に機械的刺激を与え、蠕動運動を促します。しかし、浣腸後すぐ排泄させてしまうと、浣腸液のみが排出され浣腸の目的が果たせなくなってしまいます。ですから、できるだけ患者に協力してもらい、5分間くらい我慢させることが必要です。

 

排泄を我慢させてはいけないのは

重症患者衰弱患者高血圧患者の場合は、必要以上に排泄を我慢させたり、長期間怒責(いきみ)させると、体力の消耗や血圧の変動などがみられるので十分注意し、無理をさせないようにします。

 

⇒〔看護技術Q&A一覧〕を見る

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』 (編著)江口正信/2015年3月刊行/ サイオ出版

この記事をシェアしよう

看護知識トップへ