シンクロ率低下中|マンガ・ぴんとこなーす【111】

食事介助は、患者さんとの共同作業。

タイトル:シンクロ率低下中

ナスさんは今、患者さんの食事介助中です。スプーンでごはんを患者さんの口に運びます。ですが、口に入りきる前に、患者さんは口を閉じてしまいました。またある時は、スプーンを抜く時に噛んでしまいます。時々、食事介助の息が合わない時があり、なんだか申し訳なくなるナスさんなのでした。

 


【著者プロフィール】

ぷろぺら(@puropera44

現役で病棟看護師やってます
ぴんとこなーすをどうぞよろしくお願いします!

Twitter[https://twitter.com/puropera44

SNSシェア

コメント

0/100

マンガトップへ

掲示板でいま話題

他の話題を見る

アンケート受付中

他の本音アンケートを見る

今日の看護クイズ

本日の問題

◆脳・神経看護の問題◆スパイナルドレーンは以下のどの部位に留置するでしょうか?

  1. 脳槽
  2. 脳室
  3. 硬膜外腔
  4. 腰椎クモ膜下腔

4496人が挑戦!

解答してポイントをGET

ナースの給料明細

8166人の年収・手当公開中!

給料明細を検索