看護用語辞典 ナースpedia キーワード:内視鏡的経鼻胆道ドレナージ

内視鏡的経鼻胆道ドレナージとは・・・

内視鏡的経鼻胆道ドレナージ(ないしきょうてきけいびたんどうどれなーじ)とは、鼻から胆道にかけてドレナージチューブを挿入し、胆汁を体外に排泄させる方法である。ENBD(Endoscopic Nasobiliary Drainage)。
総胆管結石による胆管炎や閉塞性黄疸の治療として行われる。チューブの先端が体外に出ており、洗浄や再造影が容易に行えるというメリットがある。ただし、鼻からチューブが出ていることへの違和感や、自己抜去・自然抜去などのリスクも少なくない。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

成人肺炎診療ガイドライン2017発表

繰り返す誤嚥性肺炎・終末期肺炎に「治療しない」選択肢が提示されました。 [ 記事を読む ]

経口レスキュー薬の上手な使い方

「痛い? じゃあ飲んでおきましょう」に、もうひと工夫 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

自分の子どもが「看護師になりたい」と言ったら賛成?

投票数:
591
実施期間:
2017年05月05日 2017年05月26日

配属先、希望は叶った?

投票数:
491
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
445
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
734
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
385
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
265
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者897

Aさんは70歳男性、上腕骨骨折でリハビリ中の患者さんです。全国的に腸炎が流行していますが、Aさんは退院に向け、週末外泊をしており、朝、外泊から帰院されました。昼に廊下で突然の嘔気を訴え、大量に嘔吐し、半径50cm程度に汚物が飛び散っています。この場合の嘔吐物の処理方法で適切なものはどれでしょうか?

  • 1.手袋、マスク、ガウン、シューカバーを着用して、嘔吐物の処理をした。
  • 2.見える範囲で飛び散っている嘔吐物を拭き取った。
  • 3.仕上げの消毒薬に70%のアルコール製剤を用いた。
  • 4.嘔吐物を処理後に個人防護具を外したが、目に見える汚れがなかったので擦式アルコール製剤で消毒を行った
今日のクイズに挑戦!