看護用語辞典 ナースpedia キーワード:病識

病識とは・・・

病識(びょうしき)とは、患者自身が病的な状態にあると自覚することを指す。(insight into disease)。

病識の程度は患者によって異なり、病気の症状や特性など正しく認識でき判断する場合もあれば、病気の内容が分からない状態でなんとなく自分は病気と感じる場合もある。

病識という言葉は、もともと精神医学の分野で使い始められ、病識がない場合に用いられる。
それは、精神疾患の一つである総合失調症の患者のほとんどが、病識がなく自分が病的状態であることを認めないという特有の症状があるためで、この症状を「病識の欠如」と呼ぶことが多い。
病識の欠如は、治療を拒否してしまうことがあり、治療が遅れたり悪化する要因とされるため、病識を持たせることが重要になる。このため、病識の出現程度が、症状の軽減や消失などの目安となっている。

総合失調症以外では、仕事など日常生活に影響を及ぼすことを嫌がり、病気を認めないようにする場合、病識がないと判断されることがある。また、病識に欠けていると、途中で通院や投薬をやめてしまうなど、治療に差し障りを生じることがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

お盆に親戚が集まれば始まる健康相談

看護師なら誰しも経験あり? [ 記事を読む ]

日常のなかでできる「摂食嚥下ケア」

間接訓練と直接訓練、それぞれの進め方のコツは? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ペディキュアしてますか?

投票数:
671
実施期間:
2017年08月01日 2017年08月22日

何歳まで働き続けたい?

投票数:
622
実施期間:
2017年08月04日 2017年08月25日

キャンペーンや懸賞に応募する?

投票数:
563
実施期間:
2017年08月08日 2017年08月29日

あなたの今の仕事は希望どおり?

投票数:
527
実施期間:
2017年08月11日 2017年09月02日

学歴、気になる?

投票数:
404
実施期間:
2017年08月18日 2017年09月08日

「看護師になりたい」と思い始めたのはいつ?

投票数:
133
実施期間:
2017年08月22日 2017年09月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3244

大腸切除術を受ける患者さんの術前・術後の看護師の対応で最も正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.術前1週間前から禁煙の指導を行う。
  • 2.術後安静のため膀胱留置カテーテルは挿入しておく。
  • 3.術後合併症がない場合、食事に制限がないことを説明する。
  • 4.術後はできる限り安静を促す。
今日のクイズに挑戦!