看護用語辞典 ナースpedia キーワード:病識

病識とは・・・

病識(びょうしき)とは、患者自身が病的な状態にあると自覚することを指す。(insight into disease)。

病識の程度は患者によって異なり、病気の症状や特性など正しく認識でき判断する場合もあれば、病気の内容が分からない状態でなんとなく自分は病気と感じる場合もある。

病識という言葉は、もともと精神医学の分野で使い始められ、病識がない場合に用いられる。
それは、精神疾患の一つである総合失調症の患者のほとんどが、病識がなく自分が病的状態であることを認めないという特有の症状があるためで、この症状を「病識の欠如」と呼ぶことが多い。
病識の欠如は、治療を拒否してしまうことがあり、治療が遅れたり悪化する要因とされるため、病識を持たせることが重要になる。このため、病識の出現程度が、症状の軽減や消失などの目安となっている

総合失調症以外では、仕事など日常生活に影響を及ぼすことを嫌がり、病気を認めないようにする場合、病識がないと判断されることがある。また、病識に欠けていると、途中で通院や投薬をやめてしまうなど、治療に差し障りを生じることがある。

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

国家試験の不適切問題どうなる?

不適切と考えられる23問の問題とその理由をまとめました。 [ 記事を読む ]

気胸に関するQ&A

気胸の3大症状は、突然起こる胸痛、乾性咳嗽、呼吸困難です。ケアのポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

もし新卒時に戻れるなら何科で働きたい?

投票数:
304
実施期間:
2017年03月14日 2017年04月04日

「寝坊したことある?」そのあとどうした?

投票数:
280
実施期間:
2017年03月17日 2017年04月06日

就職活動をした(応募した)病院はいくつ?

投票数:
254
実施期間:
2017年03月21日 2017年04月10日

国試の合格発表、最初に誰に知らせた(る)?

投票数:
205
実施期間:
2017年03月24日 2017年04月13日
もっと見る