最終更新日 2018/07/03

ゲンタマイシン

ゲンタマイシンとは・・・

ゲンタマイシン(げんたまいしん、gentamicin)は、アミノグリコシド系に分類される抗菌薬である。日本において商品名はゲンタシン®などがある。

作用機序は、細菌のタンパク合成を阻害することで効果を発現する。水溶性であるため腸管吸収率は極めて低く、経口投与では効果は得られない。

現在の医療では、重症の開放骨折に対する感染予防や、感染性心内膜炎に対して他の抗菌薬と併用してシナジー効果を期待して用いられることがある。

ゲンタマイシンは重篤な副作用を持つことでも知られる。聴神経毒性があり、難聴に至ることが報告されており、薬剤中止によっても改善は乏しいとされる。他には、腎障害を引き起こすことがあり、血中濃度を測定して投与量や投与間隔を調整する必要がある。

執筆: 桑原佑典

東京都立墨東病院 救命救急センター 救命救急センター

この記事をシェアしよう

この単語に関連する記事

関連する記事はありません。

1777単語公開中!

用語辞典トップへ