最終更新日 2018/03/06

自己愛・ナルシシズム

自己愛・ナルシシズムとは・・・

自己愛(じこあい)・ナルシシズムとは、本来の意味は自分自身を性愛の対象とすることである。疼痛や危険を避けようとすることや、ありのままの自分を受け入れることも自己愛の一種と考えられる。

しかし、精神科分野においては「自己愛性パーソナリティ障害」として登場することが多いと思われる。自分自身が本来の意味から派生して自己陶酔やうぬぼれといった意味で用いられることもある。

■自己愛性パーソナリティ障害
現在の自分に満足できず、強すぎる自己への執着や陶酔によって自分が特別で偉大でなければならないと思い込む考え方である。
以下のうち5つ以上を認める場合は特徴的である(表1)。

表1自己愛性パーソナリティ障害の診断基準(DSM-5)

執筆: 小森大輝

順天堂大学大学院医学研究科 総合診療科学大学院生 救命救急センター

SNSシェア

用語辞典トップへ