看護用語辞典 ナースpedia キーワード:医療コーディネーター

医療コーディネーターとは・・・

医療コーディネーター(いりょうこーでぃねーたー)とは、医療サービスを提供する側と医療サービスを受ける側との間を取り持ち、治療や療法などの意思決定について支援する業務を行う人材を指す。

とくに近年、医療が急速に進歩し複雑化しているため、医師の説明が難しいことなどから、医師と患者との距離や溝が深まっている傾向にある。また、患者や家族が望む治療と異なることや、完治できないという場合もある。
このため、医療コーディネーターは、最新の治療や自宅での療養、セカンドオピニオンなど、広範囲な情報から患者が選択できるようにアドバイスできるとともに、安心できる存在であることが重要である。

実際には、医療サービスを受ける側である患者やその家族が納得できる治療などが受けられるように、医療サービスを提供する医療者などとのコミュニケーション方法や医療についての説明をしてアドバイスを行なうことが多い。

また、医療サービスを提供する医師をはじめ医療者に対し、状況や医療内容などを理解し、患者との関わり方などをアドバイスすることもある。

このように主な役割は、医療者と患者との知識の差、倫理観の相違などの様々な場面において、立場の違いから生じる溝を埋めることである。

【医療コーディネーターになるためには】
医療コーディネーターには国家資格などの特別な資格がないが、一般社団法人やNPO法人などが、指定の講座の修了等などを条件として、独自の基準で認定資格を発行している。但し、資格認定の対象者は、医師や看護師などの国家資格所持者や、介護支援専門員などの医療・福祉系の資格保持者などである。また、臨床経験5年以上の看護師であることなど、医療現場での実務経験も資格認定条件とされる場合が多い。

看護師の知識を活かせるため、看護師が医療コーディネーターになることもある。
看護師の業務との違いは、医療行為を行わないことと、患者側と個別に契約し対応することである。

【主な業務】
■患者の状況、要望や相談などを聞く
■適切な治療など医療情報の提供
■医療者とのコミュニケーション方法などのアドバイス
■医療機関への連絡や調整
■診察の同席、患者の代弁をする
■医師の説明について解説
■治療などの方針が患者の要望に沿っているか評価する
■治療中の不安に対するサポート

このエントリーをはてなブックマークに追加


ナースpediaのTOPへ戻る

関連記事

いちおし記事

アンケート結果!1年目一番つらかったことは…

新人看護師がつらいこと。「これが1位…」と思わず泣けます。 [ 記事を読む ]

日常のなかでできる「摂食嚥下ケア」

間接訓練と直接訓練、それぞれの進め方のコツは? [ 記事を読む ]

看護師みんなのアンケート

ペディキュアしてますか?

投票数:
663
実施期間:
2017年08月01日 2017年08月22日

何歳まで働き続けたい?

投票数:
617
実施期間:
2017年08月04日 2017年08月25日

キャンペーンや懸賞に応募する?

投票数:
556
実施期間:
2017年08月08日 2017年08月29日

あなたの今の仕事は希望どおり?

投票数:
519
実施期間:
2017年08月11日 2017年09月02日

学歴、気になる?

投票数:
389
実施期間:
2017年08月18日 2017年09月08日

「看護師になりたい」と思い始めたのはいつ?

投票数:
42
実施期間:
2017年08月22日 2017年09月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者334

大腸切除術を受ける患者さんの術前・術後の看護師の対応で最も正しいのは次のうちどれでしょうか?

  • 1.術前1週間前から禁煙の指導を行う。
  • 2.術後安静のため膀胱留置カテーテルは挿入しておく。
  • 3.術後合併症がない場合、食事に制限がないことを説明する。
  • 4.術後はできる限り安静を促す。
今日のクイズに挑戦!