看護用語辞典 ナースpedia キーワード:腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症とは・・・

最終更新日 2018/06/04

腰部脊柱管狭窄症

腰部脊柱管狭窄症(ようぶせきちゅうかんきょうさくしょう、lumbar spinal canal stenosis)とは、腰椎部の脊柱管内の脊髄のスペースが狭くなり、馬尾神経や神経根が圧迫され神経刺激症状や神経脱落症状を呈したものである。主に中高年に発症し、間欠性跛行(かんけつせいはこう)が特徴的である。間欠性跛行は原因により、脊柱管狭窄症による馬尾神経性のほかに、血管性、脊髄性の3種類があり、鑑別が重要である。なお、腰部脊柱管の狭窄状態があっても、下肢の神経症状を呈していないものは腰部脊柱管狭窄症とはみなされない。

【原因】

腰椎を構成する多くの組織の退行性変化(加齢変化)が狭窄状態を形成する原因となる。

【病態】

脊柱管狭窄状態により馬尾神経や神経根は圧迫される。その形態変化は徐々に進み、神経組織もある程度までは順応して無症状で経過するが、限界を超えると神経刺激症状(下肢の痛み、しびれ)や神経脱落症状(下肢の筋力低下、感覚障害)を呈するようになる。

【症状】

馬尾神経性間欠跛行が典型的な症状。馬尾神経性間欠跛行ではしゃがみ込むと症状が改善する特徴がある。症状は立ち仕事や歩行などで増悪するため、形態上の変化の程度だけでなく、日常生活や仕事での活動性の程度によっても症状の重症度は左右される。

【検査・診断】

間欠跛行の把握および血管性間欠跛行との鑑別が重要である。脊柱管の狭窄状態にはMRIが、骨組織の詳細にはCTが有効である。

【治療】

生活指導、コルセット、薬物療法などの保存療法がメインである。効果が不十分な場合は手術加療を行う。

執筆

岩﨑 寛

神戸マリナーズ厚生会病院 救急科救急部長

本ページの内容・監修について
このエントリーをはてなブックマークに追加

ナースpediaのTOPへ戻る

いちおし記事

自分が担当する新人が年上なときの処方箋

プリ必見!年上プリセプティを指導するとき、覚えておきたい3つの心得 [ 記事を読む ]

熱中症の対応、大丈夫?

暑さが本格化する前に…!ケアのポイントをおさらい! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

看護へのやる気がなくなったこと、ある?

投票数:
1275
実施期間:
2019年07月02日 2019年07月23日

「今年の夏こそ◯◯するぞ!」ナースの主張

投票数:
1160
実施期間:
2019年07月05日 2019年07月26日

こんなのあったらいいな「ナースのヒミツ道具」大募集!

投票数:
1079
実施期間:
2019年07月09日 2019年07月30日

疾患を見ると感じる季節は?

投票数:
1042
実施期間:
2019年07月12日 2019年08月02日

残業代がきちんと出るなら残業したい?

投票数:
923
実施期間:
2019年07月16日 2019年08月06日

こだわりのナースグッズは?

投票数:
706
実施期間:
2019年07月19日 2019年08月09日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3991

酸素飽和度についての説明で、正しいものはどれでしょうか?

  • 1.酸素飽和度とは、静脈内の赤血球中のヘモグロビンが酸素と結合している割合を示したものである。
  • 2.パルスオキシメータを用いて測定した値をSaO2、動脈血ガス分析で測定した値をSpO2という。
  • 3.SpO2が正常であれば、体内の酸素量は十分であると判断できる。
  • 4.健康な人の酸素飽和度は96~99%だが、酸素吸入時はSpO2を90%以上維持すれば通常は十分である。
今日のクイズに挑戦!