1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの?

2018年01月13日

点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。

点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの?

注射部の腫脹や周囲に広がる浮腫、疼痛などがおこります。

 

〈目次〉

 

点滴静脈内注射が漏れると

点滴静脈内注射時に薬液が血管内に入らず、皮下の周囲組織に漏れた状態では、注射部に腫脹が起こり、当該肢全体に広がる浮腫が生じます。また、注射部の冷感や疼痛、不快感も発生します。

これらは、静脈針が確実に血管内へ入っていない場合と、静脈針が血管壁をつき抜けてしまった場合とが考えられます。

 

点滴静脈内注射が漏れた場合は

点滴静脈内注射が漏れたときには、点滴静脈内注射をただちに中止し、静脈針を抜きます。さらに、薬液が漏れてから30分以内で腫脹が軽度の場合は局所を冷やし、薬液漏れが始まってから時間が経過した場合は温湿布を行ないながら同肢部を挙上します。

また、薬液によっては(とくに抗がん剤など)、血管外に薬液が漏れて、周囲組織の壊死をまねくことがあるので、注意が必要です。

 

点滴静脈内注射を行う時のポイント

点滴静脈内注射を行っている際には、患者さんの全身状態や点滴ラインなど観察し、異常がみられたら早期に対処する必要があります(図1)。

図1点滴静脈内注射を行っている患者の観察ポイント

点滴静脈内注射を行っている患者の観察ポイント

 

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 / 著作権について

著作権について

この連載

  • 血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ? [02/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血液製剤に関するQ&Aです。 血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ? 保存する血液の成分によって、生体内における寿命や保存による劣化があり、機能を... [ 記事を読む ]

  • 成分輸血が広く行われているのはなぜ?|成分輸血のメリット [02/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は成分輸血のメリットに関するQ&Aです。 現在では必要に応じて各成分を輸血する成分輸血が広く行われているのはなぜ? 成分輸血では全血輸血に比べ輸血量が少なく、これ... [ 記事を読む ]

  • 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? [01/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? 注射部の腫脹や周囲に広がる浮腫、疼痛などがおこります。   〈...

  • 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? [01/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は空気塞栓に関するQ&Aです。 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? 空気塞栓を予防するためです。   〈目次〉 注射時血管内に空... [ 記事を読む ]

  • 点滴静脈内注射の注入速度は決まっているの? [12/30up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。 点滴静脈内注射の注入速度は決まっているの? 通常、大人では約2mL/kg/時間が薬液注入速度の基本値とされています。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

全国初!「訪問看護師コース」が大学に誕生

新連載・ナースのためのニュース解説!おさえておきたい話題をわかりやすく解説。 [ 記事を読む ]

麻酔の役割と生体への影響

眠らせる・痛みをとる・筋弛緩を得るなど麻酔の役割を紹介します。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

ふるさと納税、してる or したことある?

投票数:
1191
実施期間:
2018年11月20日 2018年12月11日

看護や医療系の1日セミナー、いくらまでなら自腹で参加費を支払う?

投票数:
1111
実施期間:
2018年11月23日 2018年12月14日

看護師辞めようかと思うほどに怖かったインシデント、経験ある?

投票数:
980
実施期間:
2018年11月27日 2018年12月18日

最初の患者さんのこと、覚えてる?

投票数:
976
実施期間:
2018年11月29日 2018年12月20日

【クリスマス】サンタにお願いしたいプレゼントは?

投票数:
1019
実施期間:
2018年11月30日 2018年12月21日

人生で一番号泣した作品は?

投票数:
862
実施期間:
2018年12月04日 2018年12月25日

感情を一生出せないとしたらどれが一番つらい?

投票数:
732
実施期間:
2018年12月07日 2018年12月28日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2054

以下のうち、手術中止を考慮し、医師に報告する事例として最も適切なものはどれでしょうか?

  • 1.全身麻酔で腹式単純子宮全摘術を受ける55歳の女性Aさん。咳嗽・咽頭痛・鼻汁あり。1週間前にインフルエンザの予防接種を受けている。
  • 2.全身麻酔で鼠経ヘルニア手術を受ける5歳の男児Bくん。体温37.5℃。咳嗽・咽頭痛・鼻汁なし。MRワクチン(風疹・麻疹混合ワクチン)の予防接種を1カ月前に受けている。
  • 3.全身麻酔で虫垂炎の緊急手術を受けるCさん。体温37.8℃。咳嗽・咽頭痛・鼻汁なし。
  • 4.扁桃摘出術・アデノイド摘出術を受ける4歳の女児Dちゃん。体温37.0℃。咳嗽・咽頭痛なし。鼻汁あり。4週間前に流行性耳下腺炎に罹患した。
今日のクイズに挑戦!