1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの?

2018年01月13日

点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。

点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの?

注射部の腫脹や周囲に広がる浮腫、疼痛などがおこります。

 

〈目次〉

 

点滴静脈内注射が漏れると

点滴静脈内注射時に薬液が血管内に入らず、皮下の周囲組織に漏れた状態では、注射部に腫脹が起こり、当該肢全体に広がる浮腫が生じます。また、注射部の冷感や疼痛、不快感も発生します。

これらは、静脈針が確実に血管内へ入っていない場合と、静脈針が血管壁をつき抜けてしまった場合とが考えられます。

 

点滴静脈内注射が漏れた場合は

点滴静脈内注射が漏れたときには、点滴静脈内注射をただちに中止し、静脈針を抜きます。さらに、薬液が漏れてから30分以内で腫脹が軽度の場合は局所を冷やし、薬液漏れが始まってから時間が経過した場合は温湿布を行ないながら同肢部を挙上します。

また、薬液によっては(とくに抗がん剤など)、血管外に薬液が漏れて、周囲組織の壊死をまねくことがあるので、注意が必要です。

 

点滴静脈内注射を行う時のポイント

点滴静脈内注射を行っている際には、患者さんの全身状態や点滴ラインなど観察し、異常がみられたら早期に対処する必要があります(図1)。

図1点滴静脈内注射を行っている患者の観察ポイント

点滴静脈内注射を行っている患者の観察ポイント

 

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 / 著作権について

著作権について

この連載

  • 血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ? [02/17up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は血液製剤に関するQ&Aです。 血液製剤によって保存温度や保存期間が異なるのはなぜ? 保存する血液の成分によって、生体内における寿命や保存による劣化があり、機能を... [ 記事を読む ]

  • 成分輸血が広く行われているのはなぜ?|成分輸血のメリット [02/10up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は成分輸血のメリットに関するQ&Aです。 現在では必要に応じて各成分を輸血する成分輸血が広く行われているのはなぜ? 成分輸血では全血輸血に比べ輸血量が少なく、これ... [ 記事を読む ]

  • 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? [01/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? 注射部の腫脹や周囲に広がる浮腫、疼痛などがおこります。   〈...

  • 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? [01/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は空気塞栓に関するQ&Aです。 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? 空気塞栓を予防するためです。   〈目次〉 注射時血管内に空... [ 記事を読む ]

  • 点滴静脈内注射の注入速度は決まっているの? [12/30up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。 点滴静脈内注射の注入速度は決まっているの? 通常、大人では約2mL/kg/時間が薬液注入速度の基本値とされています。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

点滴ルート固定「どうしても落ちないとき」の工夫

「どうしても落ちないときのちょっとしたコツ」を伝授します! [ 記事を読む ]

舌下錠の与薬

飲み込んだり、かみ砕いたりしてはいけないのはなぜ? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

勤務中によくなくすものは?

投票数:
1008
実施期間:
2018年06月01日 2018年06月22日

話題の「奨学金破産」、どう思う?

投票数:
887
実施期間:
2018年06月05日 2018年06月26日

人生で一番「無駄な買い物」選手権!

投票数:
557
実施期間:
2018年06月15日 2018年07月06日

男性との“出会いの場”どこが一番多い?

投票数:
417
実施期間:
2018年06月19日 2018年07月10日

新人ナース限定! 先輩に言われた「キツ~い一言」は?

投票数:
607
実施期間:
2018年06月12日 2018年07月12日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2186

87歳女性のAさんは、5年前からアルツハイマー型認知症があり、現在FAST stage6です。食欲不振にて入院となりました。時々、昼夜問わず病室の前をうろうろしており、トイレの場所が分からないのかと思い、トイレに誘導しましたが、便器の前で立ったままそわそわしています。「ズボンを下ろしましょう」と次の動作を伝えると排泄動作を行うことができました。 下線の状況から最も考えられる認知症の中核症状は、以下の選択肢のうちどれでしょうか?

  • 1.記憶障害
  • 2.失行
  • 3.実行機能障害
  • 4.失認
今日のクイズに挑戦!