1. 看護roo!>
  2. 看護・ケア>
  3. 根拠から学ぶ基礎看護技術>
  4. 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの?

2018年01月13日

点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの?

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。

点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの?

注射部の腫脹や周囲に広がる浮腫、疼痛などがおこります。

 

〈目次〉

 

点滴静脈内注射が漏れると

点滴静脈内注射時に薬液が血管内に入らず、皮下の周囲組織に漏れた状態では、注射部に腫脹が起こり、当該肢全体に広がる浮腫が生じます。また、注射部の冷感や疼痛、不快感も発生します。

これらは、静脈針が確実に血管内へ入っていない場合と、静脈針が血管壁をつき抜けてしまった場合とが考えられます。

 

点滴静脈内注射が漏れた場合は

点滴静脈内注射が漏れたときには、点滴静脈内注射をただちに中止し、静脈針を抜きます。さらに、薬液が漏れてから30分以内で腫脹が軽度の場合は局所を冷やし、薬液漏れが始まってから時間が経過した場合は温湿布を行ないながら同肢部を挙上します。

また、薬液によっては(とくに抗がん剤など)、血管外に薬液が漏れて、周囲組織の壊死をまねくことがあるので、注意が必要です。

 

点滴静脈内注射を行う時のポイント

点滴静脈内注射を行っている際には、患者さんの全身状態や点滴ラインなど観察し、異常がみられたら早期に対処する必要があります(図1)。

図1点滴静脈内注射を行っている患者の観察ポイント

点滴静脈内注射を行っている患者の観察ポイント

 

 

 

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 / 著作権について

著作権について

この連載

  • 発熱時のクーリングのポイントは? [04/29up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は発熱時のクーリングについて解説します。   〈目次〉 発熱を知るためには 熱型の種類 クーリング 発熱を知るためには 発熱を知るためには... [ 記事を読む ]

  • 体温測定の意義と注意点は? [04/04up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は体温測定時の意義と注意点について解説します。 〈目次〉 体温測定の意義 体温計の種類 腋窩検温 直腸検温 耳式検温 口腔検温   ... [ 記事を読む ]

  • 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? [01/13up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。 点滴静脈内注射が血管外に漏れるとどうなるの? 注射部の腫脹や周囲に広がる浮腫、疼痛などがおこります。   〈...

  • 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? [01/06up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は空気塞栓に関するQ&Aです。 注射時、空気が入ってはいけないのはなぜ? 空気塞栓を予防するためです。   〈目次〉 注射時血管内に空... [ 記事を読む ]

  • 点滴静脈内注射の注入速度は決まっているの? [12/30up]

    『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。 今回は点滴静脈内注射に関するQ&Aです。 点滴静脈内注射の注入速度は決まっているの? 通常、大人では約2mL/kg/時間が薬液注入速度の基本値とされています。 ... [ 記事を読む ]

もっと見る

関連記事

いちおし記事

「夜勤で体を壊さないために」ナースが知るべき3つのエビデンス

ナースの健康を守れ!効果的な夜勤中/夜勤前後の睡眠方法をお教えします。 [ 記事を読む ]

インフルエンザの患者さん、増えてきてませんか?

本格的な流行時期に入ってきたインフルエンザ。改めて対処法を確認しておきましょう。 [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

今年(2017年)一番、がんばったことは何?

投票数:
853
実施期間:
2017年12月29日 2018年01月19日

人生の最期に食べたいものは?

投票数:
750
実施期間:
2018年01月02日 2018年01月23日

これは面白いと思う、医療がテーマの小説は?

投票数:
822
実施期間:
2018年01月05日 2018年01月26日

経口で摂取する栄養剤、食べた(or飲んだ)ことある?

投票数:
633
実施期間:
2018年01月09日 2018年01月30日

鎮痛薬・胃腸薬、常備してる?

投票数:
571
実施期間:
2018年01月12日 2018年02月02日

後輩にオススメしたい看護がテーマの書籍は?

投票数:
223
実施期間:
2018年01月16日 2018年02月06日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者89

数日前から感冒症状のあった6歳Fちゃん。学校は休まずに通学していましたが、本日になりせき込みがひどくなり、呼吸困難を訴えたことから受診しました。既往歴として喘息がありますが、現在は通院していません。来院時には会話はかろうじて可能でしたが、陥没呼吸と喘鳴が強く認められました。来院時のバイタルサインは、体温37.0℃、脈拍160回/分、呼吸数46回/分、SpO296%(room air)でしたが、徐々に顔色は白くなり、会話も不可能な状況になりつつあります。Fちゃんの来院後の状態はどう判断しますか?最も合うものを以下の中から選んでください。

  • 1.喘息の小発作
  • 2.喘息の中発作
  • 3.呼吸窮迫
  • 4.呼吸不全
今日のクイズに挑戦!