2017年05月06日

与薬原則の6つのR

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は与薬原則について解説します。

 

〈目次〉

 

与薬までの確認の手順

いかなるときでも、与薬原則6つのRを確認しましょう。また、ミスを防ぐためにも指差し呼称をしましょう(図1)。

図1与薬までの確認の手順

与薬までの確認の手順

 

与薬原則6つのR

  • 正しい患者 〔 Right patient 〕  同姓同名、似たような名前の患者さんと間違えないように確認します。
  • 正しい薬物 〔 Right drug 〕  似たような名称、似たような剤形に注意します。同じ名称でも濃度のちがう薬物があります。
  • 正しい目的Right purpose 〕  何を目的にして、薬の指示が出されているかを理解しましょう。
  • 正しい容量Right dose 〕  指示された薬物の単位を確認しましょう(g、mg、μg、mL、mEq、U、IUなど)。同じ薬剤でも1錠、1アンプル、1バイアル当たりの薬物量が違うものもあります。
  • 正しい方法Right route 〕  与薬方法により薬効が異なります。
  • 正しい時間 Right time 〕  指示どおりの日時・曜日かどうかを確認します。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 / 著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • FP療法(化学療法のポイント)/食道がん [06/16up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、食道がん(食道癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FP療法(フルオロウラシル+シスプラチン療法)」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 ... [ 記事を読む ]

  • SP療法(化学療法のポイント)/胃がん [06/21up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、胃がん(胃癌)の患者さんに使用する抗がん剤「SP療法(S-1+シスプラチン療法)」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『SP... [ 記事を読む ]

  • β遮断薬をどう使っているか? [10/27up]

    『循環器ナーシング』2011年12月号<おさえておきたい循環器疾患の治療薬>より抜粋。 β遮断薬の使い方について解説します。   Point β遮断薬は,虚血性心疾患では労作性狭心症の発作予防,心筋... [ 記事を読む ]

  • 確認ミスで筋弛緩剤誤投与、患者死亡―医療事故防止の絶対条件とは? [05/27up]

    【ナース知っ得ニュース 2015/05/27】   60代の男性入院患者に誤って筋弛緩剤を点滴して死亡させたとして、薬剤師の女性1名と看護師の女性2名が書類送検されました。 この事故の原因は、薬剤師による薬剤の取り... [ 記事を読む ]

  • FOLFOXIRI療法(看護・ケアのポイント)/大腸がん [07/12up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、大腸がん(大腸癌)の患者さんに使用する抗がん剤「FOLFOXIRI(フォルフォキシリ)療法」について、看護・ケアのポイントについて紹介します。 第1話:『... [ 記事を読む ]

いちおし記事

リアル・コードブルーを直撃取材!

フライトナースは「診断なし、情報なし」の現場で処置を行うプロ。 [ 記事を読む ]

ヒアリに刺されたらどうなる!?

何かと話題のヒアリ。医療者が知っておきたいポイントは? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

出勤前のメイクにどのくらい時間かける?

投票数:
646
実施期間:
2017年07月04日 2017年07月25日

どの職種の制服が好き?

投票数:
733
実施期間:
2017年07月07日 2017年07月28日

髪の長さを変えるとしたらどのくらい?

投票数:
606
実施期間:
2017年07月11日 2017年08月01日

夜勤明け、まず何をする?

投票数:
589
実施期間:
2017年07月14日 2017年08月04日

かかりつけ医はいる?

投票数:
441
実施期間:
2017年07月18日 2017年08月08日

一週間休みがあれば何する?

投票数:
407
実施期間:
2017年07月21日 2017年08月11日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者3421

腹痛で外来を受診したAさんは、検査の結果、大腸がんが発覚し、治療方針を検討するために入院することになりました。腹痛も時折見られるため、緩和ケア治療も並行して導入されることになりました。「WHO方式がん疼痛治療法」の三段階除痛ラダーの第一段階からAさんの疼痛治療を開始した場合、第一選択薬で最も適切なのはどれでしょうか?

  • 1.弱オピオイドを開始する。
  • 2.非オピオイド鎮痛薬を開始する。
  • 3.強オピオイドを開始する。
  • 4.鎮痛補助薬を開始する。
今日のクイズに挑戦!