2017年05月06日

与薬原則の6つのR

看護技術Q&A

『根拠から学ぶ基礎看護技術』より転載。
今回は与薬原則について解説します。

 

〈目次〉

 

与薬までの確認の手順

いかなるときでも、与薬原則6つのRを確認しましょう。また、ミスを防ぐためにも指差し呼称をしましょう(図1)。

図1与薬までの確認の手順

与薬までの確認の手順

 

与薬原則6つのR

  • 正しい患者 〔 Right patient 〕  同姓同名、似たような名前の患者さんと間違えないように確認します。
  • 正しい薬物 〔 Right drug 〕  似たような名称、似たような剤形に注意します。同じ名称でも濃度のちがう薬物があります。
  • 正しい目的Right purpose 〕  何を目的にして、薬の指示が出されているかを理解しましょう。
  • 正しい容量Right dose 〕  指示された薬物の単位を確認しましょう(g、mg、μg、mL、mEq、U、IUなど)。同じ薬剤でも1錠、1アンプル、1バイアル当たりの薬物量が違うものもあります。
  • 正しい方法Right route 〕  与薬方法により薬効が異なります。
  • 正しい時間 Right time 〕  指示どおりの日時・曜日かどうかを確認します。

 


本記事は株式会社サイオ出版の提供により掲載しています。

[出典]『新訂版 根拠から学ぶ基礎看護技術』編著 江口正信/2015年3月刊行

根拠から学ぶ基礎看護技術

引用・参考文献 / 著作権について

この連載

もっと見る

関連記事

  • シスプラチン+イリノテカン療法(化学療法のポイント)/肺がん [05/29up]

    この連載では、抗がん剤のポイントや注意点について解説します。 今回は、肺がん(肺癌)の患者さんに使用する抗がん剤「シスプラチン+イリノテカン療法」について、レジメンや副作用、治療成績について紹介します。 第2話:『シスプラチ... [ 記事を読む ]

  • NSAIDs を使う場合に胃薬は必要? [05/01up]

    『術前・術後ケアのこれって正しい?Q&A100』より転載。 今回は「NSAIDs投与時の胃薬の使用」に関するQ&Aです。 NSAIDsを使う場合に胃薬は必要? 短期間の投与でも胃薬を使ったほうが、NSA... [ 記事を読む ]

  • 総目次:抗がん剤A・B・C [05/24up]

    はじめに 連載『抗がん剤A・B・C』では、岡山大学病院で抗がん剤治療に携わっている各分野の先生方に、主要ながん種のレジメン23種についてわかりやすく解説していただきました。 特に、抗がん剤による副作用のマネジメン... [ 記事を読む ]

  • AFP(α- フェトプロテイン)|腫瘍マーカー [04/01up]

    看護師のための検査値の解説書『検査値早わかりガイド』より。 今回は、AFP(α-フェトプロテイン)について解説します。   AFP(α-フェトプロテイン)の基準値 10.0(ng/mL)以下(CLI... [ 記事を読む ]

  • 急性心不全の病態と治療法~主な薬剤の使い方 [08/23up]

    『循環器ナーシング』2014年6月号<疾患ごとに理解する!循環器疾患のくすり>より抜粋。 急性心不全の病態と治療法~主な薬剤の使い方について解説します。   Point 急性心不全は,「うっ血」と「低心... [ 記事を読む ]

いちおし記事

肺炎ガイドラインに「治療しない」選択肢

繰り返す誤嚥性肺炎や終末期の肺炎等に対して、個人の意思やQOLを尊重した治療・ケアを行うよう治療アルゴリズムに盛り込まれました。 [ 記事を読む ]

急変時のルート確保はどこにとる?

「急変です!ルート確保できません!」どうする? [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

配属先、希望は叶った?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月09日 2017年05月30日

病院で部活動、してますか?

投票数:
480
実施期間:
2017年05月12日 2017年06月02日

1年目、何がツラい?

投票数:
832
実施期間:
2017年05月16日 2017年06月06日

仕事が始まる何時間前に起きる?

投票数:
451
実施期間:
2017年05月19日 2017年06月09日

キャラクターもののナースグッズ、持ってる?

投票数:
407
実施期間:
2017年05月23日 2017年06月12日

何に一番ストレスを感じる?

投票数:
524
実施期間:
2017年05月26日 2017年06月16日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者2236

腎盂腎炎で入院したAさんに、500mL×3本を24時間で実施するよう、持続点滴の指示が出ました。この場合の適切な輸液管理はどれでしょうか?

  • 1.一般用の輸液セットで1分間に42滴で滴下数を合わせた。
  • 2.点滴は24時間続くため、上肢を動かすのはやむを得ないことなので気にしないよう伝えた。
  • 3.トイレ歩行など立位になることを見越して、滴下速度をやや速めに設定しておいた。
  • 4.患者は心機能が低下していたため、医師の指示はないが、輸液ポンプを使用した。
今日のクイズに挑戦!