1. 看護roo!>
  2. ステキナース研究所>
  3. ぴんとこなーす>
  4. 悩み深き新人指導|マンガ・ぴんとこなーす【211】

2019年04月20日

悩み深き新人指導|マンガ・ぴんとこなーす【211】

新人指導に悩むみなさまへ、ナスさんの体験談をお届け。

タイトル:悩み深き新人指導

ある日、後輩のアイちゃんは怖い顔をしながら、無言で牛乳をすすっていました。その姿を見たナスさんは、「あの…アイちゃんはどうしてペストマスク医師みたいな顔で牛乳吸い続けているの?」とヤマツジさんに聞きました。ヤマツジさんは、静かに、「初めての新人指導でうまくいかなくて、イライラを解消するためにその場しのぎの牛乳をすすっているのよ。」と言いました。ナスさんは、「…いつの時代も難儀ですなあ…。」とつぶやきました。

昔々、あるところに一人の新人が入職してきました。彼女は決して優秀なタイプではありませんが、周囲のフォローもあり、なんとか仕事を乗り切っています。ある日、ナスさんは、「胆囊摘出術後の人を見てもらうから、調べてきてね。で朝一番でレポートを見せて下さい。」とお願いしました。翌日、新人が見せてくれたのは、明らかに新品のメモ帳に書かれた4行程のメモでした。

『文字数が全てではない…』と見方を変えようとしたナスさんでしたが、読んでもわかりませんでした。「勉強してくれたみたいだけど、術後注意することは呼吸状態と出血だけでいいの?」と聞くと、新人は「勉強したことはそこに書いてありますけど、実際見ないとわからないことってあるじゃないですか?」と開き直る始末。ナスさんは開いた口がふさがりません。

「理解不足のまま見てもわからないことばかり」と言っても、「症例は見てますよ」と返し、「症例については勉強してる?」と聞くと「これから頑張ります」と言い訳ばかり。ナスさんはぐっと我慢しながら、「勉強不足で患者さんを危険にさらすわけにはいかないの。患者さんはあなたの勉強材料ではないし、理解出来ていないあなたには任せられないから、今日はシャドーをしてもらいます。その上で自分なりに…。」と厳しい言葉を言いましたが、言葉途中で「え、らっきー」と新人に遮られました。

さすがに堪忍袋の緒がきれたナスさんは、「ラッキーとは何事だ!」と思わず怒鳴ってしまいました。騒然とするステーション。怒鳴り続けるナスさんをなだめる看護師たち。なぜ怒られているのかわからずぽかんとする新人。後日、新人は「ナスさんはこわいので担当をつけないでください。」と依頼したそうです。それを聞いてナスさんは、なんだか情けなくなり、涙が出てきました。

d「めでたし、めでたし」と過去の経験をアイちゃんに話すナスさん。「まああれから数年以上経って、今の話にも教訓あると思っています。それは”自分が普通と思っていることと相手が普通と思っていることは違う”ということ」と言いました。

「当たり前なんだけど、これを忘れると、伝わらないって感じてしまうと思って。」と言いました。「私は初めて術後を主で見せてもらえるときいて、嬉しかったけど、彼女にとっては仕事が増える、と感じたかもしれないし、どこまで理解しているのか教えてねって意味の勉強は、彼女にとって業務外の負担だった。必要なことは業務ないに教えてもらえるもんだと思ってたかもしれない。」そう考えてしまうとキリがない…と言いました。

「最初からモチベーション高い子もいれば低い子もいる。その場合、やる気を引き出すところから、なんだよね。」と伝えました。「それって一番難しいですよね。」と悩むアイちゃん。アイちゃんは担当している新人を「メモをしません。普通新しいことを教わったらメモしませんか?返事は良いからと思って次聞くと、わかってないことがよくあります。」と言いました。ナスさんは、「その普通をやめて、メモを取ることを教えてみて、メモをとったらそれを褒めてみたら?」とアドバイスしました。

「小さいことでも褒められるとやる気につながると。」とフォローすると、アイちゃんは少し安心したようでした。そして後日、ステーションには、また無心で牛乳をすするアイちゃんの姿が。「メモを取ったことを褒めたら、そのくらいできますけど、って言われたんですって。私たちも関わってるけど、今年はちょっと大変かもねー。」とヤマツジさんが説明してくれました。「手強いな…価値観の壁」とつぶやくナスさんなのでした。

 

現役看護師のコミックエッセイ

『ぴんとこなーす』

2018/7/20発売!

 Amazonで購入する 

 

オールカラー128ページ。看護roo! 掲載作品のほか、「comico」時代の作品を新たに描き下ろして収録しています。

 

【著者プロフィール】

ぷろぺら(@puropera44

現役で病棟看護師やってます
ぴんとこなーすをどうぞよろしくお願いします!

Twitter[https://twitter.com/puropera44

この連載

もっと見る

コメントを投稿する

コメント入力
(100文字以内)
ニックネーム
(12文字以内)

コメント一覧(24)

242019年08月14日 15時48分

普通って思えるのは今の自分が成長できたからであって、成長しきってない子にその普通を押し付けても無駄よ〜

23匿名2019年05月18日 11時45分

昔は〜とか私の時は〜とか書いてる方が出でくるけど、その時代と今を比べないでって思う。そう言うことを言う看護師になりたくないと思う今日この頃。

22はる2019年05月18日 02時06分

今の教育って、教わる側は守られるけど教える側は一切守られない。本当に嫌

21匿名2019年05月13日 14時49分

反対に指導されてた頃、先輩には普通なことが私には普通ではないので「普通はこうでしょ!」という指導に辟易してました。
一様従っていましたが、「私はあなたではないですよ」と思いながら仕事していました。

20匿名2019年05月04日 07時00分

勉強してきてねって言われてもどこからどこまでしたらいいのかわかんなくて困ったから、最低限ここの理解はして欲しいからここまでは勉強してきて欲しいと言って欲しかった。

19ヤァ2019年04月30日 22時26分

わかりみが深い。自分にとっての当たり前が相手にとっては当たり前ではないってことを社会人になって、すごくわかるようになりました

18こっちゃん2019年04月28日 16時46分

指導は、個人差があるから難しい。相手は!どんなタイプか?良い事と悪い事。最初にどっちが聞きたいか?それは、本人しかんからない。直接本人に聞くのが正解だと。

17ミルテ2019年04月28日 08時02分

新人さんが自らどう学んでいくかで、1年後には大きな差になりますね。「ラッキー」とか言っちゃったりいきなりタメ口とか、そもそも社会人スキルがない新人さんが多すぎます…。

16あんこ2019年04月28日 04時52分

看護師国家試験の内容を難しくすればいいのに。簡単だから、こんなやる気ないのもとりあえず看護師になれる。すでに看護師の人も全員知識の確認すべき。確かに学生になる前に門前払いしたほうがいいですね。

15いのし2019年04月27日 21時40分

ほんっとに、よくわかります!てか、ナスさんうちの病院の話ししてます?って程共感できました!
そして、ここ数年こんな新人ばっかりなんですけど…。

14さかあ2019年04月27日 17時44分

介護業ですが、新入社員さんに皿洗いの仕方と洗濯機の回し方から教えてます。自分にとっての当たり前は他の人の当たり前ではないんだなと感じました

13てるりん2019年04月27日 10時12分

あーねー………(≡ω≡;)

12匿名2019年04月23日 15時51分

今は看護業界だけでなく業務時間外で勉強や仕事準備するのって悪!残業代つけろ!って風潮あるよね…

11ひぃ🍀2019年04月23日 10時53分

少しきつめのセリフを言うと、すぐ「それパワハラですよ?」とか言うやつー!面倒みる気がなくなります!

10にくきゅう2019年04月22日 19時03分

誰かに何かを伝えることは難しいですね。自分の普通と他人の普通は違う…ホントそうです。新人さんも自分の普通は人と違うかもって気づいてくれたらいいんですけどね。

9匿名2019年04月20日 21時52分

なんとかかんとか相手に伝えるために自分の行動を修正していくことにはなるんですけど、それでも「やってらんねえ…」ってなっちゃいますよねー…

8元生物教師現助産師2019年04月20日 21時44分

レポートなんざ全然頭に残らなかった。宿題も迷惑だった。私は新人には業務の最後1時間で振返りと自学させてノート提出。内容薄くても黙って赤ペン先生。指導者は初期設定だけすればいいと思う。

7匿名2019年04月20日 21時03分

価値観の壁と教育係と相性問題って大きいですなぁ。どういうタイプかわかればまだ対応もありそうですが、相性が合わない、教える側と教わる側との間が合わないのはある意味悲劇かも。

6匿名2019年04月20日 19時16分

「先輩にどこまで自分が理解しているかを伝える」レポートの意味を知っていたらもうちょっと頑張って書いてたかも。普通って難しい。

5よっしー2019年04月20日 11時39分

深い...わかりみが深い...
つい「私たちの頃は」って言っちゃうのが良くないのは分かるんだけど...あまりにも違いすぎるんだよね

今はとりあえず見せてあとから勉強(しかも時間内で)だもんな~

関連記事

いちおし記事

【マンガ】それでも看護をする理由~Case.2 みお~(7)

「プリが悪い」「新人が悪い」「先輩が悪い」で終わりでいい? 指導をめぐるさまざまな立場の想い。 [ 記事を読む ]

胃瘻に関する基礎知識

胃瘻の目的や禁忌をわかりやすく解説! [ 記事を読む ]

人気トピック

もっと見る

看護師みんなのアンケート

「職場で言われたハイセンスな嫌味」選手権

投票数:
1383
実施期間:
2019年08月27日 2019年09月17日

payサービス使ってる?

投票数:
1715
実施期間:
2019年08月30日 2019年09月20日

あなたのハマっている沼は何?

投票数:
1294
実施期間:
2019年09月03日 2019年09月24日

旅行のおすすめスポットある?

投票数:
1187
実施期間:
2019年09月06日 2019年09月27日

学生時代の実習、国試勉強との両立はうまくできた?

投票数:
1043
実施期間:
2019年09月10日 2019年10月01日

SNSで嫌な気分になったことある?

投票数:
907
実施期間:
2019年09月13日 2019年10月04日

ナースの現場、気が利くで賞!

投票数:
262
実施期間:
2019年09月17日 2019年10月15日
もっと見る

今日の看護クイズ 挑戦者4582

あなたはリーダー看護師より、輸血管理部門へ行き、「照射赤血球濃厚液(RCC)」と融解前の「新鮮凍結血漿(FFP)」とを受け取ってくるように依頼を受けました。搬送中および病棟での管理で最も正しいものは、次のうちどれでしょうか?

  • 1.「照射赤血球濃厚液(RCC)」は温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、冷凍した保冷剤を入れた保冷搬送容器を用いて搬送した。
  • 2.「照射赤血球濃厚液(RCC)」と「新鮮凍結血漿(FFP)」を1つの保冷搬送容器に梱包して丁寧に搬送した。
  • 3.「新鮮凍結血漿(FFP)」は、温度管理が不適切になると、機能低下が生じるため、保冷剤を入れた保冷搬送容器で搬送した。
  • 4.病棟では、「照射赤血球濃厚液(RCC)」は一般用冷蔵庫へ、「新鮮凍結血漿(FFP)」は一般用冷凍庫へ分けて収納した。
今日のクイズに挑戦!