auto-PEEP(オートピープ)ってなに?|人工呼吸器の使い方

『人工呼吸ケアのすべてがわかる本』より転載。

 

今回は「auto-PEEP」に関するQ&Aです。

 

野口裕幸
CE野口企画代表

 

auto-PEEP(オートピープ)ってなに?

 

人工呼吸中のauto-PEEPとは、人工呼吸器での設定したPEEP以外に、患者さんの呼気時に生じる圧のことです。

 

〈目次〉

 

正常な気道と肺胞

  • 正常な気道と肺胞は、呼気時も気道が開いたままなので、呼気時のガスはスムーズに流れる。また、ガスを呼出し終えても、サーファクタントの作用により肺胞が虚脱することはない。
  • 人工呼吸中でも、正常な気道と肺胞では、呼気終末時に肺内からガスを呼出し終え、肺内の圧力と設定PEEP圧とが等しくなる。

 

エアトラッピングとauto-PEEP

  • 気管内分泌物の貯留や気管攣縮などによって気道が細くなり、ガスが通りにくくなる(気道抵抗が高い)と、呼出時間が長くなる(呼気延長)。
  • 呼出時間が十分でないと、ガスを呼出し終える前に、次の吸気が始まってしまうため、吸気開始直前には肺内にガスが残った状態となる。この現象をエアトラッピングという。
  • エアトラッピングにより肺胞内にガスが残った状態では、肺内の圧力と設定PEEP圧とが等しくならず、陽圧が残ったままの状態となる。このときの圧力をauto-PEEPと呼ぶ。

 

図1auto-PEEP

auto-PEEP

 

auto-PEEPの測定法

  • 人工呼吸管理中にauto-PEEPが存在する場合、auto-PEEPを測定することができる。
  • auto-PEEPが存在するときに、一定時間、呼気弁を閉じたままにすると、肺胞内と人工呼吸回路内の圧力(set PEEP/セットピープ)に差があるため、肺胞内からガスが呼吸回路側へ流れる。そのため、set PEEPより圧力が高くなる。
  • 肺胞内から呼吸器回路側へのガスの流れがなくなり、一定の圧力となる(total PEEP/トータルピープ)。
  • total PEEPとset PEEPの差がauto-PEEPとなる。

 


 


本記事は株式会社照林社の提供により掲載しています。

 

[出典] 『新人工呼吸ケアのすべてがわかる本』 (編集)道又元裕/2016年1月刊行/ 照林社

SNSシェア

看護知識トップへ