退職願の書き方マニュアル

退職交渉で決まった日付を退職願として提出し、ようやくあなたの退職が正式なものになります。口頭でOKしてもらえたからと言って、退職願を書き忘れることのないように。

退職願は、白い無地の便せんに、黒いインクの万年筆またはサインペンで手書きします。病院側が「退職申請書」など代わりの書類を用意している場合がありますので、事前に確認してみましょう。

退職願の書き方

退職願は形式、内容ともにある程度定められています。パソコンで作成したものをプリントする形も一般的になってきましたが、相手によっては「非常識」と思われることも。心配な人は手書きするようにしましょう。

手書きの場合:黒の万年筆またはサインペンでB5の便箋に縦書き。文字は丁寧に。

パソコンの場合:文字は黒、フォントは明朝体。但し署名だけは直筆で。

退職願のイメージ
  1. 一行目の中程に『退職願』と書きます。
  2. 二行後の一番下に『私儀、』または『私事、』と記します。
  3. 再び改行し、次の行から「このたび…」と書き始めます。

    このとき、退職理由を事細かに説明する必要はなし。
    自己都合の場合は、『一身上の都合により』と書くのが一般的。

  4. 最終的に決まった退職日を記入。

    上司に話していたのと違う日付を勝手に書かないこと。なお、話し合いがついていない段階で先に退職願を書く場合は、少なくとも1ヶ月以上先の日付を書くのが一般的です。

  5. 提出する日付と所属していた部署名、名前を書き、忘れずに捺印します。

    なおシャチハタではなく印鑑(朱肉を使うもの)を使用すること。

  6. 提出するのは上司でも、宛名は病院の最高責任者にしましょう。

    敬称として「様」を付けるのを忘れずに。

提出の際は、白地の封筒を使います。
表の中央に『退職願』、裏に『部署名』『名前』をそれぞれ明記することをお忘れなく。

退職願提出用封筒のイメージ