看護師免許(助産師免許・保健師免許)の更新手続き

結婚などに伴い、本籍地や氏名が変わったら、看護師免許は更新しなければ無効になってしまいます。

また、紛失したり、間違えて破ってしまったりした場合にも、再発行の手続きを行いましょう。ここでは看護師免許に関する各種手続き方法をご説明します。

看護師免許の更新手続きについて

看護師免許の修正や、免許証書き換え申請の必要が生じた際の手続き方法です。

手続き対象者

保健師籍、助産師籍、看護師籍の登録事項のうち、本籍地都道府県名(日本国籍を有しない者については、その国籍)・氏名などが変更になった保健師、助産師、看護師

転居(引越し)に伴う住所変更のみで、戸籍の都道府県名や氏名(名前)の変更がない場合、本籍地に変更があった場合でも、同じ都道府県内の変更の場合は手続きは不要です。

手続き時期

戸籍(本籍地・名前)変更後、30日以内

手続き期限を過ぎても申請は可能ですが、遅延理由書など追加で書類の提出が必要となります。

手続き場所

就業者の場合勤務地の管轄の保健所、未就業者の場合住所地の管轄にある保健所(一部県庁)

手続きに必要な書類
  • 看護師免許証
  • 戸籍謄本または抄本1部(発行日から6ヶ月以内のもの)
  • 印鑑(シャチハタ不可)
  • 申請用紙(各保健所に備付)
手数料

保・助・看護師は、申請書1通につき、収入印紙…1,000円

収入印紙は一般的に保健所では購入できないため、郵便局や県庁などであらかじめ購入しておきましょう。

准看護師の手続きについて

准看護師は、都道府県免許のため交付された都道府県によって手数料(県の収入印紙で購入)が異なります。

他県の免許の場合、郵便振替になることもありますので、事前に保健所(一部県庁)にご確認ください。