介護施設で働く看護師の仕事内容や役割とは? 病院との違いや、介護施設の種類ごとの特徴・看護師の働き方について解説します。

介護施設で働く看護師の仕事内容と役割

介護施設で働く看護師と利用者さんのイラスト

介護施設は「生活の場」

介護施設には、老人ホーム(特別養護老人ホームや有料老人ホームなど)、グループホーム、デイサービスなど、さまざまな種類がありますが、いずれも「生活の場」であることが大きな特徴です。

治療や退院が目的である病院とは違い、介護施設では「入居者・利用者がいかにその人らしく暮らせるか」が大切になります。ご本人の希望や生きがいにも配慮したケアを提供することが求められます。

看護師の主な役割は「健康管理」

介護施設で働く看護師の仕事内容は、高齢者の「健康管理」がメインです。

その人らしい暮らしを支えるために、医療・看護の面から健康状態をサポートします。

介護施設の看護師 主な業務・仕事内容

  •  バイタルチェック
  •  配薬準備、服薬管理
  •  インスリンの管理・投与
  •  吸引
  •  経管栄養の管理
  •  褥瘡の処置
  •  在宅酸素療法の管理
  •  ストーマの管理・ケア
  •  訪問診療時の診察介助
  •  感染症対策
  •  転倒・転落防止などの安全対策
  •  看取り、ターミナルケア

…など

看護師が感染症対策の中心に

インフルエンザやウイルス性胃腸炎などの「感染症対策」は、介護施設で働く看護師の重要なミッション。医師が常駐しない施設も多いので、予防から発症後の対応まで、医療職である看護師が中心的な役割を担います。

看取りも大切な役割

また、有料老人ホームなどでは、そこを「終のすみか」とする高齢者も多くいらっしゃいます。

看取りまで行う介護施設も増えており、「終末期のサポート」も看護師の大切な役割です。

介護職との連携・役割分担が大切!

介護職スタッフと看護師のイラスト

介護施設で働く看護師にとって、介護職スタッフとの連携・役割分担は大切なポイントです。

病院ナースの仕事には、療養生活の世話(清潔ケア、食事介助、排泄ケア、入浴介助など)がありますが、介護施設では、こうしたケアは介護職スタッフが主に担当します。

もちろん、看護師がこれらの業務に一切かかわらないわけではありません。

食事介助を通じて嚥下機能を確認したり、レクリエーション中の様子から認知機能や運動機能をチェックしたりと、医療・看護的な視点からサポートします

チームの一員として他職種と対等な立場で連携しながら、医療職としての職能を発揮することが求められます。

介護施設の種類と特徴は?

介護サービスのうち、看護師が働く主な施設の種類と特徴を見ていきましょう。

【介護サービス・施設の種類】居住系:特別養護老人ホーム(特養)、介護老人保健施設(老健)、介護医療院・介護療養型医療施設、有料老人ホーム、サービス付き高齢者住宅(サ高住)、認知症グループホーム、介護型ケアハウスなど。通所系:デイサービス(通所介護)、デイケア(通所リハビリ)、ショートステイなど。訪問系:訪問介護、訪問入浴など

居住系サービス

居住系サービスについて種類と特徴を見ていきます。

居住系サービスについて医療依存度と要介護度の高低がわかる分布図:医療依存度と要介護度がともに高いのは介護医療院・介護療養病床で、老健と特養は要介護度は高いものの医療依存度はやや下がるなど

特別養護老人ホーム(特養)

特別養護老人ホーム(特養):対象の利用者は要介護3~5。特徴は1.要介護度が重い高齢者が暮らす施設、2.終のすみかとする方もいる 3.看護師はオンコールがある

特別養護老人ホーム(特養)は、居住系施設の中でも要介護度の高い方(要介護3以上)が多く暮らす施設です。「介護老人福祉施設」とも言われます。

公的施設で比較的、安価で入所できるため、入所待機者が多くなっています。

看護師の配置が義務づけられていますが、夜間の配置は必須ではありません。看護師はオンコール対応がある場合もあります。

介護老人保健施設(老健)

介護老人保健施設(老健):対象の利用者は要介護1~5。特徴は1.医療ケアとリハビリに重点を置く、2.入所期間はおおむね3~6カ月と短い、 3.常勤の医師がいる、4.看護師の夜勤あり

介護老人保健施設(老健)は、在宅復帰を目指す施設です。そのため、医療ケアやリハビリに重点が置かれます

看護師は24時間体制で常駐するため、夜勤があります。医師が常駐(日中)するのも特徴です。

介護医療院・介護療養病床

介護医療院・介護療養病床:対象の利用者は要介護度・医療依存度がともに高い人。施設の特徴は1.医療依存度の高い要介護高齢者が長期に療養する生活施設である、2.病院併設が多い、3.介護療養病床は2024年に廃止される、4.看護師の夜勤あり

介護療養病床は2024年春に廃止されます。代わって登場したのが介護医療院です。

介護医療院は、医療を必要とする要介護高齢者が長期に療養する生活施設です。Ⅰ型とⅡ型があり、Ⅰ型は重い疾患のある方が対象となります。

病院の介護療養病床を改修して介護医療院に転換するケースが多いので、病院内に併設されていることが多いのも特徴です。

有料老人ホーム

有料老人ホーム:対象の利用者は自立~要介護5と幅広い。施設の特徴は1.施設によって要介護度はさまざま、2.民間企業による運営が大半を占める、3.利用料金が高めで、設備やサービスが充実している、4.看護師はオンコールや夜勤がある場合も

有料老人ホームは、介護や食事などのサービスを受けながら生活する施設です。

民間企業による運営で施設数は増え続けており、看護師の求人も多いでしょう。特養などより利用料金が高額な分、サービス内容や設備が充実しています。

有料老人ホームには、次の3つのタイプがあります。

  1. 介護付
  2. 住宅型
  3. 健康型

主に看護師の職場となるのは、①介護付有料老人ホームです。介護保険の施設で、看護職員の配置が義務付けられています。要介護認定を受けた高齢者がケアの対象です。

②住宅型と③健康型は、自立した人向けだったり、外部の介護サービスや訪問看護サービスを利用したりするため、看護師の求人はそれほどありません。

サービス付き高齢者住宅(サ高住)

サービス付き高齢者住宅(サ高住):対象の利用者は自立~要介護の高齢者。施設の特徴は1.自立または要介護度の低い利用者向け、2.生活相談などのサービスがある賃貸住宅である、3.看護師が常駐する施設は多くない

サービス付き高齢者住宅(サ高住)は、高齢者向けの賃貸住宅です。

「サービス付き」とは、「常駐スタッフによる生活相談や安否確認などのサービス」があるということ。このほかに介護や食事などのサービスを受けたい方は、個別に外部サービスを契約・利用するのが一般的です。

認知症グループホーム

認知症グループホーム:対象の利用者は要支援2以上の認知症高齢者。特徴は1.認知症の高齢者が少人数で共同生活を送る施設、 2.看護師の配置は必須ではない (が、常駐する施設も増えている)

認知症グループホームは、要支援2以上の認知症の方が共同生活を送る施設です。

5~9人の少人数で、介護スタッフとともに家庭的な雰囲気の中で暮らします。介護保険の「地域密着型サービス」のひとつです。

看護師の配置は義務ではありませんが、介護報酬で加算が設けられており、看護師のいるグループホームも増えています

介護型ケアハウス

介護型ケアハウス:対象の利用者は要介護1~5の人。 施設の特徴は1.自治体などが運営する施設である、2.利用料金が比較的安い

介護型ケアハウスは、要介護1以上の高齢者が介護サービスを受けながら生活する施設です。「軽費老人ホームC型」とも呼ばれます。有料老人ホームなどと比べて比較的、低額で利用できます。

看護職員の配置義務があり、基準は有料老人ホームと同じです。看護師は夜勤やオンコールがある場合があります。

通所系サービス

次に、通所系サービスの種類と特徴を見てみましょう。

デイサービス(通所介護)

デイサービス (通所介護):対象の利用者は要支援1~2、 要介護1~5の人。施設の特徴は1.利用者が多く、施設によって要介護度に違いがある、2.リハビリやレクリエーションが充実している、3.「お泊まりデイサービス」(自費)を行う施設もある

デイサービス(通所介護)は、自宅で暮らす利用者さんが通ってリハビリやレクリエーション、食事、入浴などのサービスを受ける施設です。

要支援・要介護認定を受けた方が利用します。施設にもよりますが、要介護度の高い利用者さんはあまり多くありません。

そのまま宿泊できる「お泊まりデイサービス」を提供する施設では、看護師も夜勤がある場合があります。

デイケア(通所リハビリテーション)

デイケア (通所リハビリ):対象の利用者は要介護1~5の人。施設の特徴は1.デイサービスよりもリハビリに重点を置いている、2.スタッフは医師やリハビリ職が中心となる

デイケアは、通所リハビリテーションとも言われるように、デイサービスよりもリハビリに重点を置いた施設です。

医師が常勤でいるほかは、理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などのリハスタッフが中心となり、必ずしも看護師が配置されているとは限りません。

ショートステイ(短期入所生活介護)

ショートステイ (短期入所生活介護):対象の利用者は要介護1~5の人。施設の特徴は1.一時的に宿泊する施設である、2.利用者の入れ替わりが多い、3.特養などに併設するタイプや専用施設のタイプがある

ショートステイ(短期入所生活介護)は、要介護1~5の利用者さんが一時的に(連続30日まで)宿泊する施設です。特養の一部を利用するタイプと、単独施設のタイプがあります。

自宅でご家族の介護を受けながら暮らしていて、ご家族が数日留守にするときや、介護を離れて休養したいときなどに利用されます。ニーズの伸びを受け、施設数もどんどん増えています。

看護師の配置は必須ではありませんが、介護報酬の加算があり、看護師のいる施設も多くあります

医療型ショートステイ(短期入所療養介護)は、より医療的ケアを必要とする方が対象となります。老健や療養病床のある病院がその機能を担います。

訪問系サービス

訪問系サービスの種類と特徴を見てみましょう。

訪問看護

訪問看護は、病気や障害のある方が住み慣れた自宅で療養生活を送れるように、看護師が訪問してサポートする在宅サービスです。

医療保険のサービスと介護保険のサービスがあり、原則として介護保険が適用されます。

訪問入浴

訪問入浴は、健康状態や自立度、浴室の環境などのために自力でお風呂に入るのが難しい利用者さん宅を訪問し、入浴をサポートするサービスです。

「看護職員1人、介護職員2人」の3人1組でケアするのが基本です。看護師は入浴介助以外に、入浴前後のバイタルチェックや、入浴可否の判断といった役割を担います。

利用者さんの訪問時間が決まっているため、スケジュール通りに動けて残業が少なめです。

看護師が介護施設で働くメリット・デメリット

病院と介護施設では、仕事内容や働き方にも大きな違いがあります。

看護師が介護施設で働くうえでのメリット・デメリットについて見てみましょう。

看護師が介護施設で働くメリット

メリット1 じっくり長く向き合う看護ができる

「生活の場」である介護施設では、利用者さんの暮らしに寄り添って、じっくり向き合う看護を実践できます

日々のケアを通じて、利用者さんの生きがいや喜びのある生活を支えるのは、病院看護とは違う魅力があり、大きなやりがいとなるでしょう。

短期間で退院していく病院とは異なり、お一人お一人に長くかかわれるのもポイント。看取りに関心のある看護師さんには、特養や有料老人ホームなどがおすすめです

閉じる
メリット2 プライベートを大切にした働き方が可能

介護施設の看護師は、プライベートを大切にした働き方がしやすいと言えます。

施設の種類によっては、夜勤やオンコールがない職場もあるほか、病院のように「緊急入院が立て続けに入って残業になる」ということもありません。感染症が流行する時期などは一時的に残業が発生することもありますが、全般に残業は少なめです。

家庭と両立したい方、規則的な生活リズムを望む方に良いでしょう

閉じる
メリット3 ニーズ拡大中の分野だから安心

「介護施設で働く看護師」のニーズは、今後ますます伸び続けていきます。

厚生労働省によると、2025年までに今の1.3~1.4倍の看護師が介護現場に必要とされています。医療ケアが必要な利用者さんも増えているので、介護施設における看護師の存在感は高まる一方です。

介護施設の数も増え続けており、介護施設での勤務経験がある看護師は、職場の選択肢も広がっていくでしょう。

閉じる
メリット4 アセスメント能力が鍛えられる

介護施設の看護師には、高いアセスメント能力が求められます。

利用者さんはほとんどが高齢者で、要介護度や疾患などによっては、ご自分の希望や思い、体調をうまく伝えられない方もいらっしゃいます。

日々の観察やちょっとしたコミュニケーションなどから情報を収集し、適切なケアを考えるアセスメント力がぐんと鍛えられるでしょう。

閉じる

 

看護師が介護施設で働くデメリット

デメリット1 看護師が少ない環境が不安

病院よりも医療依存度の低い方がケア対象のため、介護施設に配置される看護師は1人~数人です。

「その日の勤務中にいる看護師は自分だけ」ということもあり、看護師が大勢いる病棟とは別の責任や不安を感じたりするかもしれません。

ただ実際は、判断に迷うことがあれば、常勤医や提携する医師に確認する・法人本部のマネジャー看護師に相談するなどのフォロー体制が整っていることがほとんど

心配な方は見学や面接などの際に、フォロー体制を確認してみると良いでしょう。

閉じる
デメリット2 年収・給料はやや下がる傾向

介護施設で働く看護師の平均年収・給料は、病棟ナースと比べると30万~90万円ほど下がる傾向です。

ただし、施設・サービスの種類、夜勤の有無などによって給料の幅があります。

「特養や老健、などで夜勤やオンコールもある」という働き方であれば、そこまで病棟と変わりない場合も。

また、大手企業が運営する有料老人ホームなどでは、高待遇で看護師を募集しているところもあります。

閉じる
デメリット3 医療処置のスキルを発揮する場面が少ない

介護施設での看護師は入居者・利用者さんの「健康管理」が主な仕事となり、高度な医療処置が必要な場面は少ないでしょう。

施設によっては入居者・利用者さんの医療依存度が高く、医療処置のニーズが多いところもあります。

閉じる
デメリット4 他職種スタッフとの関係が難しい…

介護施設で働く看護師さんの中には、介護職スタッフやリハビリスタッフとの関係に難しさを感じる方もいるようです。

介護施設では、それぞれが専門領域を持った対等な立場です。初めは病院との違いに戸惑う場面も多いかもしれませんが、互いに尊重したコミュニケーションを心がけましょう。

職場見学の際などは、スタッフ同士のコミュニケーションの様子をチェックしてみるのもおすすめです。

閉じる

看護師の転職ガイド 転職活動がぐっと楽になる便利なガイド