内定承諾・内定辞退の方法

今回は、内定に対する返事の仕方を、承諾(入職する)場合と、辞退(受けたけど断る)場合、待ってもらう場合の3つに分けてご説明します。

内定に対する返事は、メールだと不作法になるので、電話でするのが一般的。

なお、紹介会社を利用している場合には、内定通知は病院からでなく、紹介会社から来ます。返事をする際も、紹介会社に電話を掛けましょう。

  1. 内定を承諾する場合

    「お忙しいところ、失礼します。○月○日に内定のご連絡をいただきました、○○(フルネーム)と申します。

    このたびはありがとうございました。いただいた内定ですが、ぜひとも承諾させていただきます。一生懸命頑張りますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

    取り急ぎ、…内定承諾のご連絡と、御礼を申し上げます」

    ポイント:単に内定に承諾します、というだけでなく、内定をくれたことについて御礼の言葉も添えるようにしましょう。

  2. 内定を辞退する場合

    「お忙しいところ、失礼します。内定の通知を頂きました、○○(フルネーム)と申します。

    この度は大変お世話になりました。自分なりに色々と考えた結果、大変申し上げにくいのですが、この度いただきました内定を、…辞退させて頂くことにしました。

    個人的な事情もあり、この度は貴院に大変ご迷惑をおかけすることとなり、申しわけありませんでした」

    ポイント:辞退する場合は、理由を伝えることがかえって相手の神経を逆なですることが。「個人的な理由」といった漠然とした内容にとどめましょう。

    また、病院側は、あなたが来てくれるものと思っていろいろな準備を進めていたかもしれません。相手の気持ちも考えて、きっちりと「ご迷惑をおかけし申しけありませんでした」と謝意は示すこと。

  3. 内定の返事を少し待ってもらう場合

    「お忙しいところ、失礼します。本日、内定のご連絡をいただきました○○(フルネーム)と申します。この度は本当にありがとうございました。

    すぐにでも内定承諾のお返事をすべきところですが、申しわけありません、○月○日までお待ち頂くことは可能でしょうか。ご迷惑をおかけしますが、ご検討の程、何とぞよろしくお願い申し上げます」

    ポイント:一方的に「待って」というのではなく、あくまでお願いですから「お待ちいただくことは可能ですか?」とソフトに。

    場合によっては保留の理由を聞かれることがありますから、あらかじめ、何か当たり障りのない言い訳(「家族を説得するために帰郷する」「配偶者に話をしたい」など)を考えておきましょう。

    ちなみに本当の保留理由が「他の病院と比較して決めたいから」だとしても、絶対に言わない方がブナンです。

    いずれの場合も、内定から1週間以内、どんなに遅くても10日以内には返事をすることがマナーです。

万が一、面接の最中に「採用したいんだけど」と内定を通知されてしまったら…

何があってもこの病院に入りたい、と決まっている人は別として、少しでも不安材料や後ろ髪が引かれることがあるのなら、焦って即断する必要はありません。

「ありがとうございます、少し考えさせて頂いて、こちらから改めてお返事してもよろしいですか?」といったん持ち帰る旨を伝えても、マナー違反にはあたりません。

もしご結婚されているなら、「家族(夫)に相談させてください」と言うのがブナンです。